三匹の子ヤギ


 最新記事がトップに来ています。最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。

広い畑にヤギを飼っています。子ヤギも入れると20頭近く。

母ヤギは一度に1匹か2匹の子ヤギを産みます。

まれに3匹産むこともあります。子ヤギ3匹となると全頭育つのは難しい。

ヤギはおっぱいが二つしかないからです。1匹あぶれてしまいます。

最近1匹の母ヤギが三つ子を産みました。

3匹の子ヤギは生まれてすぐにお母さんのオッパイに群がります。

でもこのお母さんヤギ、片方のオッパイが乳首陥没で子ヤギは飲めません。実質一つのオッパイを3匹で奪い合うことになります。

当然ですが、3匹の中で力の強い子ヤギが母乳にありつけます。弱い子ヤギは母乳が飲めずにお腹が空いてますます弱ってしまします。

仕方なく、父さんはお腹がポンポンになった強いヤギをこそっと連れて来て母ヤギから隔離しました。

「さあ、今のうちに弱いお前たち腹いっぱい飲めよ」

弱い2匹も一つのオッパイを争奪戦になり、また一番弱い子が飲めません。

2番目に強い子もさらに隔離。

しかし弱い子はオッパイに食らいつく力も吸う力も弱いものです。

ヤギはぶたや犬のように寝そべって子供に乳を飲ませたりはしません。

立ったまま、または歩きまわって草を食べている時にそれに負けずお母さんのおなかの下に潜り込んで顔を上げて貪欲にオッパイを吸わないと飲めません。気の弱い子ヤギは生きていけません。

案の定、弱い子ヤギの2匹が徐々に弱ってついに相次いで死んでしまいました。

一番強い子ヤギが残って元気ハツラツです。強い者だけが生き残る自然の厳しさでしょうか。

童話で、「7匹の子ヤギ」というのがありますが、7匹なんて絶対に変です。人工哺乳しなければ7匹なんて育ちません。

毎年産まれて7匹の兄弟になったと言うのならわかりますが、一度に2匹産まれたとして、1年に2回出産したとしても、7匹になるには2年かかります。

ヤギが2歳になったらもうおとなです。

なあんて、ムキになってしまいました。

↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを


にほんブログ村

高すぎる天井


 最新記事がトップに来ています。最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。


うちの浴室の天井に付けてあったサークラインがチカチカ、そのうちにチッカチッカ。

蛍光ランプの寿命ですね。

取り換えれば済むことですが、私にとって簡単ではないのです。極端な高所恐怖症なのです。

踏み台や椅子に乗っても足が震える。

特に我が家は、12年前に建築した時、夏の間涼しく過ごせるようにと、天井を高くしました。3mくらいあるでしょうか。

高い脚立に上らないと天井の蛍光灯に届きません。

「お風呂場の電気、いつ替えてくれるの?」と高3の次女。

「うーん、そうねえ」

数日後には、チッカチッカが、チッ・・・・・ッカ・・・チッ・・・・・ッカ・・・、になってきました。

父さんにやってもらいたいところですが、あいにく大学のOB会の総会に、役員として出席のため1週間不在です。

「ねえ、替えようよ」

「お父さんが帰ってきたらやってもらおう」

「やだよ、こんなんでお風呂入りたくないよ」

「だって、脚立に乗らないといけないんだもん」

「乗ればいいじゃん」

「コワいよー」

「お風呂場が暗い方が怖いわ」

「高い所はいやだ!」

「私が上ってあげるよ」

ということで、外に置いてあった高い脚立、これは建築の時に使った物です。それを二人で運び込み、次女が古い蛍光管を外しました。

脚立に乗っても、やっと届くくらい。天井が高すぎます。

高すぎる天井


徒然草の第55段にこんなのがあります。

『家の作りようは、夏をむねとすべし』

冬に寒いのはどうにでもなるが、夏に暑いのはどうにもならないということですね。

お寺のように天井が高ければ上からの照りつけもなく、風が吹き抜けて涼しいだろうと設計したのですが、ここはネズミが多くて窓を開け放しておけません。昼間は網戸にしますが、日が暮れる前にはビシビシにアルミサッシを閉めて扇風機を点けます。

天井の蛍光灯は次女に付け替えをやってもらって、浴室は明るくなりました。

買って来たサークラインは、LEDではないものの、少し高いけど長寿命というのにしました。

16000時間というのもありましたが、一日中点けている居間の蛍光灯ではないからそこまでは必要ないでしょう。

9000時間というのを買いました。

今はシャワーに入るのは3人だけ。中でも、父さんは冬は数日に一度しか入りません。

バスタブは置いてなくてシャワーだけですから、平均して一日合計1時間浴室の電灯を点けるとして、

9000時間なら、9000日。9000日÷365日=約25年

それまで生きているでしょうか。

16000時間のを買っていたら、16000日÷365日=約44年

100歳を超えてしまいます。

ところで、徒然草の同じ第55段にこんな文が続いています。

『天井の高きは、冬寒く、燈火暗し』

住宅のCMで、「天井の高い家っていいわねえ」「そうだなあ」というのを思いだしました。

居間の天井が二階まで吹き抜けになって、天窓のある家など、映像で見ますが、あんな高い天井!

目が回ります。天窓やシーリングファンの掃除なんてどうやるんでしょう?

↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを


にほんブログ村




石垣島のスーパームーン


 最新記事がトップに来ています。最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。

一昨日と昨日、スーパームーンを観ることができました。

曇りや雨の地域が多かったようですが、石垣はありがたいことに良く晴れて、長時間満月のスーパームーンを観察できました。

昨日は東の空の低い所に少し雲があり、諦めていましたが、月の出から少しの間、ちょっとだけ見えました。

山際に出たばかりの月は16日目とは言え、やっぱり大きくて、Lサイズの卵の目玉焼きの黄身のようでした。

それから雲に隠れてしまいましたが、午後9時頃になってようやく晴れて来て、またスーパームーン観察です。

大きいし、明るい!

普通の満月でも懐中電灯無しで道路を歩けるくらいですが、この夜は特に明るい!

新聞も読めるかな?

やってみましたが、見出ししか読めません。本文の活字は、目を凝らせばひらがなが辛うじて読めるくらいで漢字は無理でした。

でも明るい。街灯が一つもない我が家の周り、いつもなら懐中電灯無しでは外に出られないのですが、薄暗くなった夕方くらいの明るさに思えます。

この明るさをみなさんに伝えようと携帯で写真撮りましたが、真っ暗でした。残念。

新聞が読めないくらいだから明るいと思っても蝋燭の明かりほどではないのでしょう。

それにしても、都会では街灯や商店の明かりがあふれて、月明り、星明りを感じることが少ないでしょうね。

外に出て、真っ暗と言うのを味わうこともないのでしょう。

木の枝の影が道路にくっきり映るのを見て、月光を浴びながら田舎暮らしの事を考えるのでした。

↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを


にほんブログ村

昔ながらのヤギの飼い方


 最新記事がトップに来ています。最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。

広い畑に作物を植える代わりにヤギを10匹以上放し飼いにしています。

放し飼いと言っても全く自由に放すと畑を出て好き勝手な所に行ってしまうので、首輪を付けて長いロープで木や杭に繋いでいます。

杭は、それぞれのヤギが絡まないように離して距離を空けています。

杭を中心にロープを半径とした円を描くようにヤギは歩きまわり円の中の草を食べて行きます。

草が食べつくされる頃にロープを少し長くして円の半径を長くしてやるか、杭の位置を移動してやります。

この時、隣のヤギのロープと絡まないか気を付けないといけません。

ロープが互いに絡んでもがくと引っ張り合いになって、ヤギどうしが力いっぱい引っ張って悲惨なことになります。

そういった状態で、今までに首が絞まってしまう事故もありました。

ヤギどうしのほか、近くの木に絡まってグルグル巻きになることも。

首輪と長いつなぎのロープはカラビナとナスカンというクルクル回る金具を付けてロープがねじれないようにします。

それでも首輪が引っ張られて苦しそうになることがあります。

首が絞まらないように、前足の付け根にロープをかけて背中でタスキのようにロープを縛ったりもしましたが、どうもうまく行きません。

30年前に石垣に来たばかりの頃、地元の人がヤギを飼う時にしていたのを思いだします。

木切れに穴をあけてロープを通し、穴より大きな結び目を作って抜けないようにする。それだけの簡単な物です。

それでもヤギは逃げないし、首が絞まることもなく、昔からそうやって飼って来たのです。

ヤギの飼い方

一見、質素で原始的に見えますが、これがいいのです。

この木の首輪留めにしてからは事故もなく絡まりもありません。

昔から伝わるものには先人の智恵があるものですね。


↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを


にほんブログ村

台所のサソリ


 最新記事がトップに来ています。最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。

朝ご飯を作ろうとして包丁を手に取ると、
サソリ
包丁の柄の所に小さなサソリが・・・。

ヤエヤマサソリとかなんとか言う種類で、猛毒ではないらしいですが、刺されたらやっぱり痛いでしょう。

ムカデやスズメバチに刺されたことがありますが、すごーく痛かったですよ。

取り上げて全身を写したのがこれ。
サソリ2

このサソリ、朽ちた木の枝の多い所に生息する、らしいです。

包丁の柄は木製で古いので、朽ちた木の匂いがしたのでしょうか?

↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを


にほんブログ村
プロフィール

野生児の妻

Author:野生児の妻
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード