石垣島のスーパームーン


 最新記事がトップに来ています。最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。

一昨日と昨日、スーパームーンを観ることができました。

曇りや雨の地域が多かったようですが、石垣はありがたいことに良く晴れて、長時間満月のスーパームーンを観察できました。

昨日は東の空の低い所に少し雲があり、諦めていましたが、月の出から少しの間、ちょっとだけ見えました。

山際に出たばかりの月は16日目とは言え、やっぱり大きくて、Lサイズの卵の目玉焼きの黄身のようでした。

それから雲に隠れてしまいましたが、午後9時頃になってようやく晴れて来て、またスーパームーン観察です。

大きいし、明るい!

普通の満月でも懐中電灯無しで道路を歩けるくらいですが、この夜は特に明るい!

新聞も読めるかな?

やってみましたが、見出ししか読めません。本文の活字は、目を凝らせばひらがなが辛うじて読めるくらいで漢字は無理でした。

でも明るい。街灯が一つもない我が家の周り、いつもなら懐中電灯無しでは外に出られないのですが、薄暗くなった夕方くらいの明るさに思えます。

この明るさをみなさんに伝えようと携帯で写真撮りましたが、真っ暗でした。残念。

新聞が読めないくらいだから明るいと思っても蝋燭の明かりほどではないのでしょう。

それにしても、都会では街灯や商店の明かりがあふれて、月明り、星明りを感じることが少ないでしょうね。

外に出て、真っ暗と言うのを味わうこともないのでしょう。

木の枝の影が道路にくっきり映るのを見て、月光を浴びながら田舎暮らしの事を考えるのでした。

↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを


にほんブログ村

昔ながらのヤギの飼い方


 最新記事がトップに来ています。最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。

広い畑に作物を植える代わりにヤギを10匹以上放し飼いにしています。

放し飼いと言っても全く自由に放すと畑を出て好き勝手な所に行ってしまうので、首輪を付けて長いロープで木や杭に繋いでいます。

杭は、それぞれのヤギが絡まないように離して距離を空けています。

杭を中心にロープを半径とした円を描くようにヤギは歩きまわり円の中の草を食べて行きます。

草が食べつくされる頃にロープを少し長くして円の半径を長くしてやるか、杭の位置を移動してやります。

この時、隣のヤギのロープと絡まないか気を付けないといけません。

ロープが互いに絡んでもがくと引っ張り合いになって、ヤギどうしが力いっぱい引っ張って悲惨なことになります。

そういった状態で、今までに首が絞まってしまう事故もありました。

ヤギどうしのほか、近くの木に絡まってグルグル巻きになることも。

首輪と長いつなぎのロープはカラビナとナスカンというクルクル回る金具を付けてロープがねじれないようにします。

それでも首輪が引っ張られて苦しそうになることがあります。

首が絞まらないように、前足の付け根にロープをかけて背中でタスキのようにロープを縛ったりもしましたが、どうもうまく行きません。

30年前に石垣に来たばかりの頃、地元の人がヤギを飼う時にしていたのを思いだします。

木切れに穴をあけてロープを通し、穴より大きな結び目を作って抜けないようにする。それだけの簡単な物です。

それでもヤギは逃げないし、首が絞まることもなく、昔からそうやって飼って来たのです。

ヤギの飼い方

一見、質素で原始的に見えますが、これがいいのです。

この木の首輪留めにしてからは事故もなく絡まりもありません。

昔から伝わるものには先人の智恵があるものですね。


↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを


にほんブログ村

台所のサソリ


 最新記事がトップに来ています。最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。

朝ご飯を作ろうとして包丁を手に取ると、
サソリ
包丁の柄の所に小さなサソリが・・・。

ヤエヤマサソリとかなんとか言う種類で、猛毒ではないらしいですが、刺されたらやっぱり痛いでしょう。

ムカデやスズメバチに刺されたことがありますが、すごーく痛かったですよ。

取り上げて全身を写したのがこれ。
サソリ2

このサソリ、朽ちた木の枝の多い所に生息する、らしいです。

包丁の柄は木製で古いので、朽ちた木の匂いがしたのでしょうか?

↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを


にほんブログ村

無人海岸 大キャンプ その4


 最新記事がトップに来ています。最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。

リーダーのケイタイに続いて、しんちゃんのケイタイも使えなくなってしまいました。

O橋さんは、出発前にS社はヌバンではエリア外であることを予測して、もう1台D社のも持参していましたが、D社の物もアンテナ圏外です。

南に開いたクーラ海岸では電波は届きます。南のずっと先に波照間島の島影が見えます。

この波照間島の中継基地を使って電波が届けられるようです。

連絡がないまま、何も知らない私は、石垣の自宅からせっせと天気予報やオリンピックの結果を送信していました。

返信がパタッと来なくなったので変だな、とは思いましたが。

翌日、突然O橋さんから電話。

この電話でヌバンにいる人たちとは連絡が全くできないことを始めて知りました。

「ところで、O橋さんは今、どこから電話してるの?」

「ヌバンから40分くらい南に歩いて岬を回り、南に波照間島が見える所まで来て、スイッチを入れてみました」

ご苦労様なことです。

「船長には連絡しておきましたよ。天気も安定してるし、台風も発生していないし、予定の日に迎えに来てくれるそうです。時間は3時か5時の間としかわかりませんが」

「わかりました。明日またここに来て昼12時に電話します。ああ、日陰がないからクラクラする」

またもと来た道を歩いて帰ったようです。

その頃でしょうか、孤立したヌバン浜の近くにダイビング船が来ました。

観光客を乗せてきれいな海に来てダイビングをして、日帰りで石垣島に戻ります。

昼食はお弁当を積んで来ることもありますが、このダイビング船は調理できるキッチンが付いているらしく、船で昼ご飯を作っているようです。

昼ごはんを準備する間、お客さんは小さなジェットボートで無人の海岸まで来て、上陸して気分転換。

正確に言うと無人海岸ではありませんね。キャンプしている人たちが居たわけですから。

「無人島に住んでいる人」みたいなものです。人が住んだら無人島じゃないです。


携帯を持っていそうな観光客が来たというので、待ってましたと立ち上がるキャンプの人たち。

遊び気分できれいな砂浜に上陸した観光客の人は、バラバラと駆け寄って自分たちを取り囲むように集まった原住民を見て何事かと思ったでしょう。

事情を話して、石垣にいる私の携帯に電話をしてくれるようにお願いしたそうです。

これも事前に知らされていなかったので、2日後に知らない人から電話が来て面喰いました。

「無人島でお宅の旦那さんと知り合った者ですが、・・・」と。迎えの船が遅れないように船長に頼んでくれという内容の伝言でした。

ケイタイは電池切れと水濡れには要注意ですね。

薪を集めて狼煙と言う手もありますが、たとえ煙を上げてもこちらからは見えません。

石垣島の西側に西表島があり、西表島の西のはずれの方がキャンプ地です。山に阻まれて見えるはずがありません。


帰宅予定の前日の昼にO橋さんと、最後のご苦労な電話連絡があり、以降は船が迎えに行くまで連絡がつきません。

当日は船長から「少し迎えが早くなります。1時頃になります。」

2時間も早くなりましたが、連絡のしようがありません。まあ、急いで支度してもらいましょう。

みなさんだいぶ日焼けして帰って来ました。

特に男性はひげが伸びていかにも無人島にいたように見えます。

無事に帰って来ることができて何よりです。

夕飯に準備した豆腐やキャベツ炒め、ゴーヤチャンプルなど出すとあっという間になくなります。

そして翌日、飛行機に乗って帰る人は予定通り帰れました。

ちなみに、1週間後、ケイタイは自然乾燥して復活しました。しんちゃんのケイタイも復活したと連絡もらいました。

↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを


にほんブログ村

無人海岸 大キャンプ その3


 最新記事がトップに来ています。最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。

さて、予定外に全員が砂浜のヌバン浜に上陸しました。

氷や冷たいビール、ジュースをぎっしり詰めた大きなアイスボックスも、運びましたから、みんなで冷たい飲み物が飲めます。

無人海岸で冷たいビールやジュースなんて贅沢ですねえ。

昼は水汲みや薪集め、夜は海岸を歩いてウミガメの産卵の見回り。

誰か代表が夜の海岸を端から端まで静かに歩き、カメが産卵に上がって来たらキャンプ地のみんなを呼びに行って産卵を観察します。

潮の加減でカメが上がって来る可能性があるのは初めの数日ですが、結局5日間連続で上がったそうです。

カメの産卵の観察に堪能したら、少し遠いけど、4時間位歩いて隣の岩小屋のあるクーラ海岸まで移動する計画でした。

しかし、初めの計画と違ってすごい荷物といっしょにヌバン浜に上陸してしまいました。これを全部持って全員で移動しなければなりません。

小4の子どもも居ます。そして船でなければ運べない大きなアイスボックスや発泡スチロールの箱9個。

発泡スチロールの箱には13日間の米、調味料などの食糧が入っています。

その他に魚を獲る銛や大きな網もあります。網は畳んでもリュックにいっぱいになるほど大きいのです。

これらの荷物は手漕ぎボートに積んで、それを引っ張りながら腰の深さ程の海を歩いて移動することになります。

荷物が無くても4時間は掛かるのではないでしょうか。

ついにクーラに移動するのは諦めて最後まで全員でヌバン浜に留まることにしました。

岩海岸ではないヌバンでは楽しみにしていたイセエビや大物の魚は獲れません。

でもそれなりにまあまあの数の魚が獲れて全員が食べるには何とか間に合いました。

キャンプ開始して9日目のことです。

携帯を乾電池で充電中に、降ってきた雨に濡らして使えなくなってしまいました。

携帯(スマホ)を持っている人はあと二人います。O橋さんと、しんちゃんです。

まあ、1台壊れてもあと2台あるから何とかなると思うでしょうが、O橋さんのスマホはS社のものでヌバン浜では電波が届きません。うちのと、しんちゃんのはA社なので電波が入っていました。

リーダーのケイタイが使えなくなったので、あとはしんちゃんのケイタイが頼り。それがもしトラブルで使えなくなったらもう連絡のしようがありません。
万一の時の事を考えて、しんちゃんのケイタイからメールをして来ました。

迎えの船の事です。

石垣に戻ってからは、その翌日の飛行機でO橋さん親子としんちゃんは帰ります。変更できない航空券だし、特にO橋さんは仕事があるので飛行機に乗り遅れるわけには行きません。

波が高いとか台風が近づいているとかの理由で船が出せないかも知れないという時には、延長はできないから前倒しで迎えに来てほしいと船長に伝えてくれということです。

そしてその2日後、しんちゃんのケイタイもなぜか作動しなくなってしまいました。

これでヌバン浜との交信は完全に途絶えます。

(またまたまた続きは次回)

↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを


にほんブログ村
プロフィール

野生児の妻

Author:野生児の妻
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード