キャンプへ GO その8

   →その7からつづく

森の中で朝を迎えるのはいいものです。
鳥の声や朝の緑の香りのする風で目覚める。

前日が長い長いタイヘンな一日だったからなおさらです。

もう火を起こしている人が居る。

リーダーである夫です。
キャンプというと起こされなくとも早く目が覚めてテキパキとしかも活き活きと働くのです。
よほどキャンプが性に合っているのでしょう。
朝からお湯を沸かしてせっせとお茶の用意をなさっていらっしゃる。

目が覚めた人からお茶を飲んでいます。
この後、数人ずつ組になって昨日仕掛けたエサにウナギがかかっているか見に行きました。

朝食作りの私とイトマンは炊事場にいます。

今日も長い距離を歩くことになるのでしょう。
その前にしっかり腹ごしらえです。

ご飯が炊けて朝食の準備ができるころちょうどウナギを見に行った人たちも帰ってきました。
ウナギは掛かっていませんでした。
あまり期待もしていませんでしたが。

朝ごはんは昨日に引き続いて川エビの味噌汁に、持参したおかず。

川エビは二度目でエビに警戒されたのか昨日ほどは獲れませんが6人分の味噌汁には充分です。

ご飯をよそって味噌汁注いで、おかずは……と、


おかずは持参した容器にに入っています。

持っているのはO先生。

ミイちゃんの小さいリュックには入りきらないのでO先生の登山用リュックに入れてもらっていたのでした。

「O先生、食料出してください」

「いいよ、重かったよ、これ、何が入ってたの」

「すいませんねえ、みんなの食べるおかずなんで」


重いタッパーを受け取り、ふたを開けて、鍋の周りに丸く集まって腰を下ろしたメンバーの真ん中にドンと置きます。

大きな弁当箱のような半透明のプラスティックの密閉容器に目一杯詰めてある茶色のつぶつぶの物体。

「な、なに、コレ・・・?」

O先生、今まで自分がここまで運んできた物の中身を知りませんでした。

「納豆ですけど」

「な、な、ナ、ナットー??!!」

「そうですよ、納豆、常温でも一日くらいなら腐らないんですよ」

「ボクは納豆、大嫌いですっ!」

「ええっ、そうなんですか、知らなかったなあ」

「でも、O先生東京の人でしょ、東京人は納豆食べるでしょう」


関西の人は納豆を食べる習慣がなく、嫌いな人が多いと聞いていたけど、関東人はだいたい食べると思っていたのでこれは予想外でした。


「納豆なんて下町の食べ物ですっ!」

そうか、そうかな、そうなのかな。

O先生は東京の山の手の出身なのか。


「まあ、そう言わずに食べましょうよ」

「いいですよっ、匂いもいやですっ」

納豆の嫌いな人はそばで匂いがするのもいやなものです。

とにかく、O先生は自分が食べられない物を持たされ、野超え山超え川を越えてここまで運んで来たわけです。
お気の毒。

みんなパクパクと納豆をおかずにおいしそうにご飯を食べていますが、O先生食べる物がありません。

味噌汁と、昆布の佃煮で食べているようです。

何パックもの納豆を中身だけにして密閉容器に詰め替えて盛ってきたのですが、昨日から体力を使ってお腹の空いたメンバーによって、容器の中の納豆はすべて食べ尽くされました。

まあ、少なくともこれからは納豆の入れ物を持たなくてよくなったし、荷物が軽くなってよかったですね、O先生。

昨日干しておいた洗濯物も乾いていました。

テントを撤収して荷物を持って一晩だけのキャンプ地を後にします。
ゴリラのベッドにもサヨウナラです。


川に沿って歩き始めてじきにまた滝。
この先滝をいくつ越えるのでしょう。

私は荷物が軽い空の鍋なのでそれだけでも助かります。

滝を登って歩き続けているうちに気のせいかだんだん荷物が重くなってくる気がします。

疲れてきたからでしょうか。

「ああ、重い」

ん?もしかして……

リュックの中の着替えや寝袋はビニール袋に何重にも包んであるので水を吸って重くなることは考えられません。

でも、……・

リュックを倒すと中からザアッと大量の水がこぼれ出てきます。

リュックを開けると空の鍋に水が溜まっていました。

衣類は無事でした。

それからは滝を登りながら時々リュックを背負ったまま前にお辞儀をして、リュックを逆さにして中の水を出して軽くしました。

何時間も登ってもまだまだ上流があります。

西表の山は深い。

昼はゆっくり食事を作る時間がもったいないのでちょっと平らな場所を見つけて、朝の残りのご飯を食べます。

じっくり食べるのは夕食のときの楽しみに。


夕方はまた川エビをたくさん獲るぞー。

              →その9につづく

  
  ↓クリックしてね  ランキング参加中

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おいしいですよ。山のキャンプでは魚は獲れないから、主に川エビです。

No title

川えびのお味噌汁美味しそう!!
いいおダシが出そうですね♪
プロフィール

野生児の妻

Author:野生児の妻
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード