ひ弱な野生児 その9 宇宙人の出産



人気ブログランキングへ
最新記事がトップに来ています。

最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。

おすすめは、 「アイ ハブ ア ハブ」


ひ弱な野生児 その8からつづく

鉄兵を肩車して手術室に入ってきたカウボーイ父さん、今回は事前にきれいなポロシャツに着替えさせました。

ホームレスに間違われるような恰好で出産に立ち会ってもらっては困ります。

前日にはお風呂も入ってもらいました。

 心配そうに見守る2歳の鉄兵。

今後の牛の手術の参考にしようと冷静に見つめる父さん。

 新生児は体調50cmくらいはあります。

でもお腹を50cmも切るわけではありません。

わずか10cm程度に切った所から赤ちゃんの頭が出るのです。

患者の負担を考えて、切り口はなるべく小さくします。

そこから引っ張り出すわけですから赤ちゃんが大き目だった場合、相当苦労します。

モニョモニょと引っ張り出す感じです。

ますますもってエイリアンが出てくるような気がして来ました。

ついに産まれてきたのは、今までに見たことのない『8本足で鋭いクチバシを持った恐ろしいエイリアンの姿をした怪物の赤ちゃん』だった・・・・・・・・・・わけはないです。

かわいい女の赤ちゃんでした。

安心。

父さん、用意していたカメラで産まれたばかりの長女と獣医さん・・・じゃなくてお医者さんの写真をパチパチ。 

「はい、じゃあ、あとは縫合だけですからお父さんたちはあちらでお待ちください」

と見物、じゃなくて見学の親子は出されてしまいました。

「ちぇ、縫う所を一番見たかったのになあ」

家畜ではなく人間の身体の傷を細やかに縫う技術を、観察して覚えたかったのだそうです。

 
長女の名前は出産の二日前に決まりました。

「きりん」です。

それまでは季節や花にちなんだ女の子らしい名前をいろいろ考えていたのですが。

ちょうど実家にあった中学時代のアルバムの私の写真を見た父さん、

「なんと華奢で可憐な女の子だ!」

という印象だったらしいです。

(母親に似て背の高いスラリとした女の子になあれ)

という願いをこめて、この名前が出てきたのです。

中学時代の私は背が高いわりに痩せて手足がひょろりと長い、キリンのような体型でした。

「きりんという名はどうだい?」

「キリンねえ・・・」

あさってに産まれる予定の大きなお腹の私は突然言われた動物の名前に、なんと返事をしたものか考えていました。

「そんなにアフリカが好きなのね」
 
協力隊でタイに派遣されましたが、本人は派遣国はアフリカのどこかの国を希望していたようです。

「ライオンとかカバとかいう名前よりはいいだろう」

あくまでアフリカ。

「そうねえ、それもそうだわ」

昔の人は丈夫に育つようにという願いからでしょうか、「トラ」とか「クマ」とかいう名を女の子に付けたわけです。

「かりん」という名前の人もいるし、外国では「コリン」という人もいます。

キリンでもおかしくない気がしてきました。

「うん、きりん、・・・いいかも」

あっさり決まってしまいました。

でも周囲からは絶賛の声はあまりなかったですが。


妹「きりん」にとっては、産まれたときからお兄ちゃんがいるわけです。

これでお互いに遊び相手ができて、子どもが他にいない牧場でももうさびしくない・・・と思うのは単純過ぎます。

産まれ立ての赤ちゃんはただ泣いておっぱいを飲んで寝ているだけです。

きょうだいでいっしょに遊べるようになるまで、まだあと2、3年は待たないといけません。

それどころか、産まれてきた赤ちゃんにお母さんを取られたと思って鉄兵は以前にもましておもしろくなさそうでした。

牧場に帰っても、相変わらず、室内で授乳やおむつ替えをする私のそばでジグソーパズル、絵本、アニメのビデオなどで遊ぶ毎日でした。


暑くない季節や曇りの日は、外に出て虫取りでもすれば楽しい場所に住んでいるのです。

でも彼はそういうことに興味がなかったのです。

むしろ生き物は怖い存在だったようです。

牧場には牛のほかに馬もいました。

さらに、カウボーイ父さんの個人的な趣味で、ヤギ、イノシシ、アヒル、ニワトリも飼っていました。

そのどれにも近づこうとしません。

「男の子なのにだらしがないな、ホラ、これをつかんでみろ」

父さんに無理やりバッタを持たされました。

怖さで顔は引きつり、震えながらバッタを持つ手をギューッと握り締めていました。

しばらくして見ると、手の中のバッタは強く握りつぶされてペシャンコになっていました。

たくさんの動物や虫たちに囲まれた牧場の生活は、男の子なら誰でも喜ぶというわけではなかったのです。


ひ弱な野生児 その10 につづく

↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓おかげさまで今日はまた2位になっていました。
↓1日1回のクリックを
↓ここです
にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

春休みで家族みんな旅行中。
スキーや友人の家、おばあちゃんち、など。

私だけ留守番です。
ヤギにエサをやりながら家の中の片付けです。

カントリーまま のブログを読むと心が元気になって、家事もやる気が出てきます。

No title

お久しぶりです。
ドミニカから帰ってきてあっという間に1ヶ月になりました。
どうしてるかな?

では又来ます。
プロフィール

野生児の妻

Author:野生児の妻
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード