カウボーイ募集中 その3

人気ブログランキングへ


最新記事がトップに来ています。

最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。

おすすめは、 「アイ ハブ ア ハブ」



カウボーイ募集中 その2からつづく


広い牧場のカウボーイと言うと、どんな仕事ぶりか想像してみてください。

業務の中心は朝夕のエサやりと放牧牛の管理です。

中にはこんな風に思った人はいませんか?

      
    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


  牧場の中の事務所で暇そうにタバコを吸っている放牧牛の管理人、つまりカウボーイ。

  壁には放牧場の地図が貼ってある。

  大きなガラス窓からは緑の放牧場と点在する牛たちの姿が見渡せる。

  丘の上にまで牛は草を食べながら歩いて行っている。

  草の上に散っている牛たちとその向こうの珊瑚礁の海とをぼんやりと眺めていた。

  時計を見てカウボーイはおもむろに立ち上がり、帽子をかぶった。

  散歩がてらに外の見回りに行く時間だ。

  牛の群れの方に向かってゆっくり歩き出す。

  一通り点検して帰って来てノートにチェックを入れる。

  何も異常がなければこれでその日の勤務はおしまい。

  しかし今日は具合の悪そうな牛がいた。

  牛舎に連れて来て様子を見なければ。

  無線で従業員を呼ぶことにしよう。
 
  ロープを持って走ってくる従業員。

  「あの牛だ、すぐ捕まえてくれ」

  「はい、わかりました」


    ・・・・?・・・・



ちがう、ちがう。


ロープを持って走って来て牛を捕まえるのは、ア、ナ、タ。

カウボーイです。



カウボーイ志望の紳士は、カシラに案内されて牧場や牛舎のエサやりを見学していました。

夕方の仕事が終わり、私たちはセメントまみれの軍手も長靴も脱いでやっと開放されます。

夜はお近づきの印に牧場のみんなといっしょに飲みながら食事をしようということになりました。

あまり変化も刺激もない牧場のカウボーイたちの暮らしですから、こんな時は楽しみなのです。


「どうですか、牧場に来て見ての感想は」

「はあ、・・・・・・」

「広いだけで何もない所でしょ」

「はあ、・・・・・・」

「やれそうですか?牧場の仕事」

「いやあ、・・・・・」

「想像とちがいましたか?」

紳士の真新しいポロシャツにいい生地のチノパンツに真っ白いソックスは牧場の官舎の古い畳には不釣合いに見えました。

「昼間、ここへ来たとき、みなさん作業なさってましたよね」

「ああ、セメント練ってた仕事ね」

「アレを見て、やっぱり僕には無理だと直感的に思いましたよ」

「そうですか」

(ずいぶん早いですね)

「大阪の会社ではああいう仕事を出入りの業者の若い人たちにさせて、僕はそれを監督する役割だったんですよ」

なるほど、年齢や雰囲気からしてそれくらいの地位、役職でしょう、当然です。

「それがここで働く場合、その若い人たちと同じことを今度は自分がやることになるのか、と思ったら・・・」

「うん、ちょっとできないですよね」

プライドだけでなく、今までの仕事の経験や実績と関係なく新米カウボーイから始めるわけですからキツイものがあります。

「申し訳ないですが、このお仕事は僕にはできないです」

「そうでしょうね」

「でも見学に来て見てよかったです」



納得して都会に帰って行かれました。

会社でまた元気で働いていらっしゃるのでしょうか。


他にも見学に来た人は何人もありました。

ちょっと勘違い?という人もあったし、カウボーイをやるだけではもったいないような技術や資格や経験を持っている人もいました。

そういう方はそれに相応しい職種の知り合いの社長に紹介してあげました。


ついにヨシダさんが退職して私たち夫婦以外には従業員はヒロシ君だけになってしまいました。

少ない人数でこの広い牧場の管理は大変です。

牛の数も子牛も入れると200頭近くあります。

毎月セリ市場に子牛を出荷するのも手が掛かります。

カウボーイも交代で休みを取りたい時があります。

そういう時も牛はエサを食べていますから残りの人数で仕事をします。


夏になれば膨大な量の草刈りもあるのです。


春の草刈りシーズンを目の前にしてやっと一人見つかりました。

もう牧場オーナー(他府県にいます)の社長と面接して採用が決まったそうです。

引越しの準備をしてフェリーに荷物と自前の車を乗せて来るというのです。

オーナーが会って話して採用したのならまちがいないでしょう。

そう思っていたのですが、これがまじめではあるが『大変な人』だったのです。

人は見かけではわからないものです。



カウボーイ募集中その4につづく



↓いつもクリックありがとうございます。
↓コメディ部門昨日はまた2位を保っています。
↓クリックすると順位が上がります。他のおもしろいコメディ小説ブログも見られます。
↓1位の方の小説ブログ、最高におもしろいですよ。
↓ここです

にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野生児の妻

Author:野生児の妻
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード