無人海岸 大キャンプ その3


 最新記事がトップに来ています。最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。

さて、予定外に全員が砂浜のヌバン浜に上陸しました。

氷や冷たいビール、ジュースをぎっしり詰めた大きなアイスボックスも、運びましたから、みんなで冷たい飲み物が飲めます。

無人海岸で冷たいビールやジュースなんて贅沢ですねえ。

昼は水汲みや薪集め、夜は海岸を歩いてウミガメの産卵の見回り。

誰か代表が夜の海岸を端から端まで静かに歩き、カメが産卵に上がって来たらキャンプ地のみんなを呼びに行って産卵を観察します。

潮の加減でカメが上がって来る可能性があるのは初めの数日ですが、結局5日間連続で上がったそうです。

カメの産卵の観察に堪能したら、少し遠いけど、4時間位歩いて隣の岩小屋のあるクーラ海岸まで移動する計画でした。

しかし、初めの計画と違ってすごい荷物といっしょにヌバン浜に上陸してしまいました。これを全部持って全員で移動しなければなりません。

小4の子どもも居ます。そして船でなければ運べない大きなアイスボックスや発泡スチロールの箱9個。

発泡スチロールの箱には13日間の米、調味料などの食糧が入っています。

その他に魚を獲る銛や大きな網もあります。網は畳んでもリュックにいっぱいになるほど大きいのです。

これらの荷物は手漕ぎボートに積んで、それを引っ張りながら腰の深さ程の海を歩いて移動することになります。

荷物が無くても4時間は掛かるのではないでしょうか。

ついにクーラに移動するのは諦めて最後まで全員でヌバン浜に留まることにしました。

岩海岸ではないヌバンでは楽しみにしていたイセエビや大物の魚は獲れません。

でもそれなりにまあまあの数の魚が獲れて全員が食べるには何とか間に合いました。

キャンプ開始して9日目のことです。

携帯を乾電池で充電中に、降ってきた雨に濡らして使えなくなってしまいました。

携帯(スマホ)を持っている人はあと二人います。O橋さんと、しんちゃんです。

まあ、1台壊れてもあと2台あるから何とかなると思うでしょうが、O橋さんのスマホはS社のものでヌバン浜では電波が届きません。うちのと、しんちゃんのはA社なので電波が入っていました。

リーダーのケイタイが使えなくなったので、あとはしんちゃんのケイタイが頼り。それがもしトラブルで使えなくなったらもう連絡のしようがありません。
万一の時の事を考えて、しんちゃんのケイタイからメールをして来ました。

迎えの船の事です。

石垣に戻ってからは、その翌日の飛行機でO橋さん親子としんちゃんは帰ります。変更できない航空券だし、特にO橋さんは仕事があるので飛行機に乗り遅れるわけには行きません。

波が高いとか台風が近づいているとかの理由で船が出せないかも知れないという時には、延長はできないから前倒しで迎えに来てほしいと船長に伝えてくれということです。

そしてその2日後、しんちゃんのケイタイもなぜか作動しなくなってしまいました。

これでヌバン浜との交信は完全に途絶えます。

(またまたまた続きは次回)

↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野生児の妻

Author:野生児の妻
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード