7万円のランドセル

  人気ブログランキングへ


 最新記事がトップに来ています。最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。


空き家になっている実家の片付けで、横浜と石垣を往復したりしていて長いことブログ放置していました。


今朝テレビを見ていたら、小学校入学を控えた子供のランドセルを、親と祖父母とどちらもが買ってやりたくて、という話をしていました。

今はランドセルはカラフルなのができていて、驚きます。

柄の入ったもの、メタリックな色、・・・。

一昔前は大多数が黒と赤でしたけどねえ。

以前に「私の黒いランドセル」の話を書きました。

その中で、4万2千円のランドセルを父さんが買って、「高すぎる!」と私が言ったと書きましたが、今朝の番組に出ていた人は6万円以上のランドセルを買ってやっていました。

7万円以上のもあるそうです。

これも、「私の黒いランドセル」にも書いたことですが、私自身、小1の時に買ってもらったのは茶色いランドセルでした。

デパートに親と買いに行って、

「どれがいい?」

「これ!」

と自分で選んだのが茶色。

「え?!」

親がどうして驚いていたのかその時はわかりませんでした。

世の中の小学生は、男子は黒、女子は赤のランドセルを持つのが普通だとは6歳の私は知らなかったのです。

革の鞄なら当然茶色でしょ、と思っていたのです。

親も「赤いのにしなさい」とは言いませんでした。子どもの自主性を大事にしようと考えたのでしょう。

いざ入学してみると、周りの女子はほとんどが赤いランドセル。

「お前、女なのに何で茶色いランドセルなんだ?」

とクラスの男子によくからかわれました。

ですが、5,6年生にもなると、何人かの女子は、

「あなたのランドセル茶色でいいなあ、私も黒か茶色にすればよかった」

と言う子が出てきました。

高学年になるとオシャレを気にする子は、赤よりシックな色の方がいいと思うようになるわけです。

ようやく茶色のランドセルが誇らしく思える時が来たのです。

クラスにもう一人黒いランドセルの女子がいました。抜群にお勉強のできたK子ちゃんで、卒業後はお茶の○女子大学付属中学校に進学しました。

このお茶の○女子大付属小は確か指定のランドセルが黒だったと思います。

K子ちゃんは公立小学校にいてもお茶女の黒いランドセルに憧れてこの色を選んだのでしょうか?

都内の、入学が難しいとされる女子大付属の小学校では制服に指定のランドセルは黒というのが多く、学校によっては蓋の部分に校章が型押しされています。

そのせいか、黒いランドセルを背負っている女の子を見ると、お勉強ができそうに見えてしまいます。私の偏見かも知れませんが。

男の子は寒色系、女の子か暖色系の持ち物、と決めつけるのも意味のないことで、それで仲間はずれやイジメが起きるより、どんな色でも好きな色のランドセルを選べるようになったのは喜ぶべきことかも知れませんね。



↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを

にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野生児の妻

Author:野生児の妻
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード