スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンプへ GO その1





198×年のある夏の日…


「オイ、キャンプ行くぞ」

「ど、どこに?」

「西表」

「イリオモテ?」

夫が私をキャンプに誘うのは初めてではありません。

前回いっしょに行ったのは5年前の新婚旅行。

西表島近くの無人島に12日間のキャンプをしたのが私たちの新婚旅行でした。
そのときは米と調味料とわずかな野菜だけ持参。

あとは魚や貝を獲って食べて過ごした原始人ごっこ。

途中で食料が乏しくなって二人で無人島から西表本島の売店まで
泳いで買い物に行ったり、森の中でイノシシを獲って担いで帰ったり。

新婚旅行での野生的体験は、都会育ちの私にとって楽しいというより
カルチュアショックが大きくて、大変なキャンプだったのです。




「キャンプ、私は行かなくてもいいんだけどなあ…」

「ダメだよ、いっしょに行くの!」

「えええ、西表って…また無人島?」

「いや、西表島を横断する」

「ジャングルの中を?」

「そう、3泊か4泊」

「登山道を歩くわけじゃないよねえ」

「当然だろ、川沿いに上って、滝を越えて、時には岩を登って…」

なんか、楽しそうというより、無事に帰って来られるでしょうか。不安。

「キャンプの日はもう決めたの?」

「うん、イトマンが来るだろう?いっしょにキャンプしようよ、って電話で誘ったらOKだってさ」

イトマンというのは夫より少しだけ若い男性のニックネーム。沖縄県の糸満市の人だから、私たちはそう呼んでいます。

昔、夫がまだ信州の大学の学生だった頃、西表の海岸のキャンプ場に長い間いたことがあって、イトマンとはそのときに知り合ったのでした。

それ以来しばらく音信途絶えていたが、ひょんなことから再会し、沖縄本島にいる「イトマン」と、この石垣島に暮らす私たちと交流が復活しました。




「イトマン、キャンプを楽しみにしてるって」

数週間後、いよいよイトマンが来島。

その夜は久々に会えた友と自宅で宴会。

食べて飲んで、落ち着いたら翌日出発のキャンプの用意。

各自の荷物の分担、イトマンが持参した物と我々の物が重複しないか点検。

「イトマン、どんな物持ってきたの?」

イトマンの持ってきた荷物の中身を見て、あ、こりゃマズイ、と思いました。
どうもイトマンとこちら側とでは「キャンプ」の概念がちがうようです。

イトマンの荷物・・・海水浴用のバスタオル、焼肉のタレ、フライ返し、冷凍トウモロコシ、酒のつまみのイカ…

私たちの荷物・・・登山用ザイル、ナタ、地下足袋、コンパス…

このキャンプ、イトマン だいじょうぶかなあ。→ 次回につづく


 ここで まえがき

   話の途中で前書きというのもおかしいんですが、
   前書きは面白くないから読みたくない方のために
   第1話からスタートすることにしました。
   読まない場合は「キャンプへ GO その2」
   続いて読んでください。

  ・・・まえがき・・・

少女時代、やってみたいことがたくさんありました。

たとえば、

①無人島でキャンプ

②南の島で暮らす

③教師になる

④外国で生活する

⑤世界で一番辛い料理を食べる

⑥熱帯果樹に囲まれて果物を食べ放題

⑦ジャングルツアー

⑧作家になる

⑨プール付きの豪邸に住む


と、いろいろありました。


①~⑦は経験できました。

⑧と⑨はまだ、と言うか、どう考えても

⑨は一生実現しそうにもありません。


現在の状態は 「②南の島で暮らす」です。

ここで今までに経験したことを多少脚色して

ブログ小説にしてみたいと思います。  → 次回につづく


ランキング参加中
↓おもしろいと思った方はクリックしてください。
↓このブログのランキングがわかります
↓他に上位ランクのコメディ小説が載っています
にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カントリーママさん

ブログ見ました。シアトルなんですね。
「自然」 と言っても うちと違ってオシャレで素敵ですね。
都会育ちと野生児とで、うちも国際結婚みたいなものですよ。

No title

はじめまして。今日から同じランキング参加してます、「自然治療医の・・・」カントリーママです。

応援します。南の島に住むなんてすごい幸福なことだと思います。
私も子供のころからの夢は全部、叶えたい!
苦労があって実現してこそ意味があり、ストーリーだと思う。

じゃ、また。

No title

さっそく読んでくださってありがとうございます。

読者があると、励みになって書き続けられます。

No title

一通り目を通しました。大変な労作でしたね。引き続き頑張って下さい。
プロフィール

野生児の妻

Author:野生児の妻
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。