午年の人

  人気ブログランキングへ

 最新記事がトップに来ています。

最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。


1月も後半になってしまいました。

今年は実は私は年女なんですが、年賀状も出さず静かなお正月でした。

自治会の公民館で開かれた新年会だけは参加しました。

飲み物は自治会から出ますが、料理は参加者が各自一品携帯です。

和え物や揚げ物、凝った料理など、おつまみにも腹ごしらえにもなるような物なら何でもいいのです。

持ち寄った料理の大皿を壁際のテーブルに置いて、ビュッフェ形式にしてワイワイ。


臼と杵と蒸篭を持っている方があって、もち米を蒸してみんなで餅つきもしました。


食べて飲んで、座席なんて決まっていませんから、いろいろ席を替わって、近所でも普段会わない人と、久しぶりねえ、などと話していました。

20歳代の若い夫婦や高齢者の方もいます。


そのうち午年の話になりました。

「今年が年男、年女の人、は、○○さんと○○さんです」

という司会者の報告があったので、

「あなた年女だったの?」

と何人かに言われます。

そこで、私は一回り下の年を言います。

みんな一瞬、

「?・・・・・・・・」

という表情になり、

「え?・・・そうなの?」

また頭の中で計算している顔をします。

(私より年下?そんなはずはないな。でも子どもが中3だから、そうかも・・・いや、ちがうでしょ?・・・)


相手の頭の中を混乱させて、私は内心おもしろがっています。

一回り下というのがいいですね。これが二回りも下だと、

「またまたあ、アハハハハ」

と最初から冗談扱いされておもしろくも何ともありません。


みなさんもやってみましょう。

実年齢を言ってるのに、「いやあ、一回り上でしょう」

と言われたり、わざと一回り上の年を言ったのにそのまま納得されたらショックですけど。



にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野生児の妻

Author:野生児の妻
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード