掃き溜めにクジャク

  人気ブログランキングへ

 最新記事がトップに来ています。

最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。


毎日のように畑に姿を現す野生のクジャク。

繋ぎ飼いのヤギに与えた野菜クズをねらって来ているのです。

この前たまたま屋上から見えた時には14~15羽いました。

毎朝、畑側のガラス戸を開ける時にクジャクがすぐ近くに見えています。

でもドアから外に出て近づこうとすると、人間の姿を見つけて警戒心の強いクジャクは一目散に遠くに行ってしまいます。


写真を撮りたいと思ってもそばに行くことができません。

ガラス戸越しに画質の悪いガラケイでやっと獲ったのがこれ。

クジャク2

ゴミ捨て場に数羽来ていました。

掃き溜めに鶴ならぬクジャク。

あんまりきれいじゃありません。

オスは長い尾を引いて歩いていますが、尾羽を広げたところはまだ見ていません。


羽があって飛んで行くので近隣の畑にも現われているようです。

元々は隣の島のリゾート施設で観光用に飼われていて、台風の時に逃げ出したインドクジャクが野生化したという話です。

野菜作りの農家は被害を被っていると聞きました。

時々山で駆除しているみたいですが、頭数は減らないどころか増えているように思えます。

数年前に初めて畑で見た時は4羽でした。


ところでクジャクはキジ科の鳥だということですが。

ニワトリ、ウズラ、シチメンチョウ、ホロホロチョウなども遠い親戚というところでしょうか。

ということは・・・。美味しいんでしょうか?

駆除するくらいの害鳥なら一度くらい食べてみたい気もしますが。

今まで長年、アヒル、ニワトリ、シチメンチョウを何羽も飼って来て、食用にして来た経験から、鳥類を見ると、ついそっちの方に話がいってしまいます。

うちのヤギのエサの野菜クズ腐りかけのミカンなどを食べたクジャクはよく太っています。


*追記

調べた所、昨年駆除したクジャクの肉を使って島の高級ホテルの料理長さんが試しに料理したそうです。

トマトソースで煮込んだ「ピペラード」、蒸し焼きにしてグラタンを乗せた「ポワレ」、中華風の「黒コショウ炒め」、「オイスターソース煮込み」の4品 を作って試食。おいしかった、と地元の新聞にあります。

料理長の話によると、
「氷水、塩、ワインビネガー(ぶどう酢)に2日間肉をつけて、臭みを取った。味わいはあるが、肉が硬いのが課題」
だそうです。



↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを

にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

smeeさん、ありがとうございます。

一度は羽を広げたクジャクが見てみたいです。

今日も「ミャーオ、ミャーオ」とか「フェー、ホォー」とか「ファッ、ファッ」

とか、クジャクはいろいろな声で鳴いています。

クジャクが羽を広げる時

ご無沙汰をしています。

ずーっと読んでいますがコメントが中々出来なくてゴメンナサイ。

で、以前TVでクジャクが羽を広げる時は?って話を見たことがありましたので調べてました。

伊豆のシャボテン公園で4月から6月の繁殖期の午前9時と午後3時に広げるようです。
7月に入るとオスの尾っぽの羽は抜けるみたいですね。
写真を見るとメスばかりのように見えました。
オスの写真も撮れるとイイですね。

http://www.ntv.co.jp/megaten/library/date/06/06/0625.html

中学の修学旅行代金高いですね、格安旅行で浦安のディズニーランドに行けそうな金額かしらと思うのは自分だけでしょうか。
プロフィール

野生児の妻

Author:野生児の妻
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード