修学旅行は楽しいか?

  人気ブログランキングへ

 最新記事がトップに来ています。

最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。




もうすぐ中2の次女の修学旅行です。

石垣島の中学生の修学旅行は九州3泊4日です。

石垣から飛行機に乗って那覇で乗換えて福岡空港へ。

ちなみに、小学生は那覇1泊2日でこれも飛行機利用です。


大宰府天満宮、熊本の三井グリーンランド遊園地、長崎原爆資料館、平和公園・・・と、ここまでは毎年お決まりのコースと同じです。

ただ違うのは、前回、つまり3年前に長女が行った時は、これに佐賀の天山でスキー、長崎のグラバー邸見学、と、女子中学生が喜びそうなコースが入っていました。

今回はスキーはせず、その代わりに吉野ヶ里遺跡と九州国立博物館の見学、それと阿蘇山火口見学が入っています。

アカデミックですねえ!

でもスケジュールが決められて発表になると次女はがっかり。

「えええ?スキーやらないの?!お兄ちゃんもお姉ちゃんも修学旅行でスキーしたのに。ぶーぶー」

修学旅行は学習の一環とは言っても、中学生にとっては遺跡や博物館より遊園地やスキーの方が楽しみなのは無理はないでしょう。

そしてもう一つ、次女の旅行のモチベーションが下がる理由の一つ、それは生徒が2名、引率職員が3名(担任、教頭、養護教諭)と言う事です。

2名のうち、もう一人の同級生は男子!

在籍数からして、中3が0人、中1も0人。中学生は2年生の二人だけ。


ホテルの部屋はもちろん男子とは別ですが、その代わり担任の女の先生と同室。

同級生の男子は男の教頭先生と同室。

ということで、消燈後の枕投げも怪談や秘密の恋の打ち明け話もありえません。

なんか修学旅行に付随する、と言うより、子どもにとってはメインの楽しみがないのでテンションが下がってしまうようです。

「あああ・・・修学旅行が来年だったらよかったのに」

長男が中2の時は同級生の4名は女子ばかりでしたが、2,3年合同だったので中3男子2名といっしょに行きました。

長女が中2の時は同級生無しでしたが、仲良しの中3のお姉さん(この子も同級生は無し)といっしょだったので楽しかったようでした。

その時の担任の先生は気さくな若い女の先生で、生徒と気が合って3人娘の旅のようで楽しそうでした。

今回も若い女の先生なのですが、真面目で規則を重視する先生で(それはいいのですが)、ちょっと雰囲気がちがうみたいです。

来年だったら・・・と言うのは、4月から転入生が来る予定、それと、今の小学校6年生には女子がいます。この子たちが中学に入学すると、中学生は1,3年になって、合同で旅行に行かれれば、という期待です。

小規模校でいい事づくめというわけでもないようです。

しかし、費用が12万近くもかかるんですよ。

楽しくないともったいないなあ、と親子で感じています。


↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを

にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野生児の妻

Author:野生児の妻
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード