風呂桶で糠漬け

  人気ブログランキングへ

 最新記事がトップに来ています。

最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。


台風のシーズンも過ぎて風も涼しく、いい季節になってきました。


さて一昨日、父さんが急に糠漬けが食べたくなったと言いました。

南の島ではあまり糠漬けはしません。

気温が高すぎて発酵が早すぎるのです。

すぐ酸っぱくなってしまうし、混ぜるのをちょっと忘れると糠床が腐ってしまいます。

地元の人には東北や信州にあるような漬物を食べる習慣がありません。

この島で昔からある漬物と言えば、黒砂糖や泡盛を使って青いパパイヤやニンジンなどを漬けた物がありますが、糠漬けのように寒い地方でゆっくり乳酸発酵させたものとは味が違います。

やはりソウルフードと言うか、幼い頃から食べ慣れた物がほしくなるのでしょう。

こういう亜熱帯でおいしい糠漬けを作りたいときは、大きめの密閉容器に糠床を用意して容器ごと冷蔵庫に保存するのがよいのです。

でも大食漢でもあり、チマチマしたことよりドカンとまとめて作りたい性格の父さんはそんな少量の糠漬けは頭にありません。

「入れ物は何にするの?」

(瓶とか桶はありません。)

「青いドラム缶にするか」

(ナププラーを作るのに使った例のプラスティックのドラム缶です。同じ物がいくつもあって、高さを半分の50cmくらいに切ったのもあります。)

「ちょ、ちょっと大きすぎるでしょ。そんなに糠漬けするの?」

青いドラム缶は元々薬品を入れて運ぶのに使われたのですから確かに丈夫で変質しません。材質としてはいいかもしれません。

でも、漬物屋さんの商売を始めるわけではないのですから。

「それに混ぜるのがタイヘンよ」

頭を突っ込んで混ぜているうちに身体が入って自分が糠漬けにならないでしょうか?

「たくさん入れるとは言ってない。底のほうに少し糠床を作ればいいんだ」

「うーん・・・・」

そのドラム缶をどこに置くつもりでしょう。

「ああ、やっぱり昔のようにリンゴ箱にするか」

発泡スチロールの箱です。お店で空き箱をもらえます。

数年前までこれで糠漬けを作っていたことがありました。

「で、その糠漬けの箱をどこに置くつもり?」

前にも書いたように家の中は荷物で一杯。

床は人が通る幅だけはケモノ道のようにできていて歩けますが、これ以上大きな箱など台所には置けません。

それに室内はいつも暑い。

この季節は風を入れてやればもっと涼しくなるはずですが、ネズミを絶対に家に入れない運動実施中ですから窓は開けません。

網戸にしておいてネズミに齧られて、網戸に大きな穴が開けられて出入りされたことも何回となくあるのです。

今の季節は特に夜など外の方が気温が低くて漬物には適しています。

「家の中には置くつもりはないよ」

狭いし、それに部屋が臭くなりますから、外に置いてもらった方がありがたいのですが。

「でもカラスやネズミにやられない?」

発泡スチロールの箱などカラスのクチバシ、ネズミの歯にかかったらすぐに大穴開けられます。

「そうだ!風呂桶!風呂桶の中で糠漬け作るんだよ」

台風時にヒヨコを回収して避難させた例のバスタブです。

台風が過ぎてからは外に放り出したままになっていました。

今は使われていないこのバスタブの中に糠床の箱を置いて、普段はふたをしておきます。

バスタブの中に入れておけばカラスも警戒するし、ネズミも登って入ることができません。

これなら安全。

そして糠味噌の材料です。

米糠でなくても糠味噌は作れます。

米糠は米の収穫、精米の時期にしか手に入りません。

石垣島は年に2回米の収穫時期がありますが、この時に精米所に行けば譲ってもらえます。

でも米糠は長い期間は保存できません。

気温が高いためか糠が酸化してしまいます。

いつでも手に入って常温でももう少し長く保存できるのはフスマです。

糠が米を精米する時にできるカスなら、フスマは小麦を製粉する時にできるカスです。

これに塩水を加えて混ぜて発酵させて野菜を漬ければ糠漬けと同じ味になります。

米糠と比較すれば微妙に風味がちがうかも知れませんが、これでも充分おいしいと思います。

フスマは牛のエサとしてJA(農協)で売っています。一袋20kgで782円です。安い。

「よーし、おいしい糠漬けを作るぞー!」

父さんウキウキして自分で糠味噌を混ぜています。

バスタブは糠漬けの外箱になってしまいました。

バスタブの漬物

土の入ったプランターではありません。糠床です。


今は台風の季節ではないからいいんですが、来年の夏になってまた台風が来たらヒヨコたちの避難先は?

いや、もうヒヨコたちはもう大きくなって若鶏と言うより大人のニワトリになってしまいましたからそこまで過保護にしなくても大丈夫でしょう。

それより台風になったらこの糠床の箱の避難先を考えないといけないでしょう。

半年先まで糠漬けが腐らずに存在しているでしょうか?

ところでこのバスタブ、台風が過ぎてニワトリを元の小屋に戻して空にした後、あまりきれいに掃除をしてなかったんです。

2日間6羽のニワトリが歩き回ってフンをして汚れてそれを雨ざらしにして置いただけです。

雨でだいぶきれいにはなりましたけど。

まあ、野菜を直に入れるわけでもないし、糠床から出した漬物は良く洗ってから食べるのだから問題はないでしょう。

さぞやおいしい糠漬け・・・フスマ漬けが食べられることでしょう。


↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを
にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野生児の妻

Author:野生児の妻
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード