手作りナンプラーの危機

  人気ブログランキングへ

 最新記事がトップに来ています。

最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。


タイ料理が好きなうちの家族。

暑い季節は香辛料たっぷりの辛いタイ料理が食欲を増加。

香辛料の一部は庭に植えています。

タイ料理に欠かせないナンプラーは自家製です。

結婚したばかりの頃は石垣では売っていなかったので東京の池袋のSデパートから取り寄せていました。

ですがナンプラーの代金より送料の方が高くついてしまうので困っていました。

時々帰省した時に、横浜の中華街に行ってまとめ買いもしました。

今はタイ料理屋さんや食材店もあちこちにありますし、ネットの通販でも安く簡単に手に入りますけど、30年近く前はそうではなかったのです。

そのうちに、ナンプラーを手作りしてみようということになりました。

「ナンプラーって自分で作れないかなあ」

「タイでは田舎の方では家で作ってたよね」

「作り方知ってる?」

「なんか、魚と塩を入れて半年くらい漬けておいて、上がってきた汁を沸かしてビンに入れて陽に当ててできあがりだって聞いたけど」

「やってみよう」

ちょうどテレビで、メコン河上流で川魚と塩をカメに入れてナンプラーを作る話を放送したのです。

「魚と塩を交互に入れていけばいいんだな」

樽で白菜の塩漬けを作るようなものです。

魚はすぐ目の前の海で父さんが潜ってたくさん捕って来てくれます。

はじめはポリバケツに作ってみました。

何日かすると水が上がってきます。

そのまま置いておくと汁は琥珀色になってナンプラーの香りになってきます。

掬い取ってお鍋で沸かすと、それまで少し濁って見えた汁の中のものが固まって沈殿します。

汁はすっかり透明のナンプラーになります。

さらに茶こしで濾してビンに詰めて完成です。

市販されている物より味が濃いように思えます。

タイ滞在中に、安いナンプラーは塩水で薄めているんだ、とタイ人の友人が教えてくれました。

本当にそうかどうか確かめようがありませんが、最近東京のスーパーで息子が買った輸入ナンプラーを味見したらナンプラーの香りがほとんどなくて塩水のようでした。

そのうちに小さなポリバケツでは足りなくて、大きなポリペールを使うようになりました。

魚は石垣の地元の魚ですが、これは東南アジアのと種類は同じです。

一度、イワシやアジなどの青魚も使ってみましたが、油が浮いて来てだめでした。

やはり熱帯の脂の少ない白身の魚がいいようです。

気候も気温の高い状態が半年以上続く石垣はナンプラー作りに適しています。

こうしてポリペールにいくつも作って、熟成した物から順に掬って使ってきました。

引越しの時にも何とか運んで来たのです。

それが最近、危ういことになりました。ポリペールの一つにヒビが入ったらしく、ナンプラーが一部漏れてきているのです。

「わ、たいへんだ、ナンプラーがぁ・・・」

「せっかく熟成したおいしいナンプラーをなんとか新しい入れ物に移さなきゃ」

「そうだよ、丹精込めて作ったんだ」

(いえ、魚と塩を混ぜてほっといただけですけど)

「この一滴は血の一滴だ、無駄にできないぞ」

(いえいえ、タダのナンプラーです)


ポリペールは長年使うにはあまり頑丈にはできていません。

ぶつけたり落としたりすれば割れてしまいます。

手近にあるもので丈夫で利用できる物と言えば・・・、

「青いドラム缶一つ余ってたよな」


青いドラム缶というのは、薬品を入れて密封して運ぶ時に使う分厚いプラスティックのドラム缶です。

使用済みのものを業者から安く譲ってもらって蓋の部分をくり貫いて、外で水入れに使っていました。

数年前の台風で断水になった時にも、この青いドラム缶に溜めておいた雨水のおかげで食器洗いも洗濯も水には不自由しませんでした。

最近、雨水溜めだったドラム缶が日除けの工事にじゃまだったので、空にして移動したばかりでした。

ドラム缶を家の正面の水道の所へ運んで、父さんタワシでゴシゴシ洗っています。

食べ物を入れるのですから念入りです。

きれいに洗って、次に水をたっぷり張ってしばらくおきます。

水漏れしないか様子を見るのです。

夕方になってドラム缶は新しいナンプラー容器として合格しました。

「さて、水を捨ててドラム缶運びたいけどなあ」

ドラム缶は満タンに入れると200ℓはあります。

「水ただ捨てるのもったいないね、足でも洗うか」

「足と言わずにそれで体洗えよ」

「ええっ、ここで?」

ヤギにエサをやったりバナナ畑の見回りをしたりで汗をかいたのでシャワーに入ろうと思っていたところでした。

牧場にいたころは家の裏に水を溜めたバスタブを置いて夕方そこで水浴びをしたりもしました。

でも今の家は道路に面しています。

林道とは言え、公道ですからいつ車が通るかわかりません。

1日に数台しかに通らないんですが、こういうときに限って知り合いの車がきたりするんですよね。

でもまあ、誰も来ないことを願って・・・。

一応ドラム缶と道路の間に車を停めて、更にトランクのドアを開けて目隠しにします。

車が来たらサッとドラム缶の後ろに隠れればいいのですけど。

青いドラム缶



洗面器で水を汲んで頭からかぶって汗を流します。

念のために汗まみれのシャツは脱がずにシャツの上から水をかけて洗います。背中、お腹の部分を洗う時はシャツの中にタオルを入れてこそっと。

ふんだんに水を使ってもまだ半分残りました。

できることならドラム缶の水風呂に入って涼みたいところですが、今からこれにナンプラーを入れるわけですからそこは遠慮しましょう。


残りの水を捨てて明日はナンプラーの移し替えです。

ああ、気持ちよい水浴びタイムでした。

おいしいナンプラーができそうです。


↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを
にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野生児の妻

Author:野生児の妻
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード