バナナの罠

  人気ブログランキングへ

 最新記事がトップに来ています。

最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。


暑い季節はまた畑の果樹が実る時でもあります。

夏はアセローラ、グァバ、パッションフルーツなどの収穫時期。

まだ売りに出してはいませんが、昨年まで食べ飽きるほど取れました。

今日はバナナの収穫をしました。

200本くらいあるバナナの木のうち何割かが実をつけていて、順番に大きくなっていきます。

よく太って黄色くなる直前に採るのがコツです。

完熟してからだとおいしいのですが、黄色い実はカラスなどの鳥にやられます。

かと言って早く採っては甘みが増えません。

バナナの実は熟すとキュウリのように円筒形になって、断面はきれいな円になるのです。

輸入バナナは角ばっていますがあれは少し早めに収穫しているのでしょう。

日本に着いて店に並ぶ頃に熟しすぎていては売れませんから。

うちで食べる分はなるべくぎりぎりまで木に実らせておきます。

実が角ばっている間は採らずに様子を見ます。

今日のは充分に実が丸くなっていたし、緑から薄黄緑に色も変わっていたので採る時期です。

黄色くなるまでぶら下げて追熟させますが、家の中はネズミにやられる可能性が大。

ペントハウスに持って行って梁から下げました。

ここでまた心配が。


カラスです。

人が居ない隙にバナナをつついて食べてしまうことが大いに考えられます。

カラスは賢くて、人間の3歳児くらいの知能があるという話です。

数も4つまでなら数えられるとか、別の説では6つくらいまで数えられるカラスもいるとか・・・。

カラスを遠ざけるため、頭がいいのを逆手にとって罠をかけます。

本当にカラスを捕まえる必要はありません。

罠のように見えるダミーでいいのです。

針金や金網をいかにもそれらしくくっつけた簡単な物でOK。

「ナンカ アヤシイモノガアル、コレハアブナイ チカヅカナイデオコウ」

と思ってくれればそれでいいわけです。

で、実に簡単なダミーの罠がこれ。↓



うちのバナナ

ただバナナの上に金網の切れ端を置いただけ。

3歳児の知能なら、これでも

「危ないよ、おててが挟まれて痛い痛いよ」

の脅しが効くでしょう。

それでも何日もそのまま置いておくとさすがにカラスにもバレてしまうのですが、その前に黄色くなって我々が食べてしまえばいいのです。

さて、うまくいくでしょうか。


↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを
にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野生児の妻

Author:野生児の妻
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード