村の東と西

  人気ブログランキングへ

 最新記事がトップに来ています。

最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。


石垣島は毎日猛暑です。

朝日が昇ってから夕日が沈むその時まで強い陽射しで、外に出たくないです。

今の我が家はすぐ西側に山があって、ここに太陽が入って陰になるとホッとします。

日陰になると急に涼しくなって一息つけます。

外の仕事もこの頃から始められます。

日中は畑仕事をすると熱射病になります。


山に陽が落ちるのは今の季節は午後6時半頃です。こんな感じ。

陽が落ちる


ですが、それから20分経って、高台の我が家から見える村の景色は、

陽の当たる家


家から村の方は東になるので、裏山に近い我が家ですでに日陰になっていても、村の他の家ではまだまだ西日が当たっています。

この数年間で新しく建てられたきれいな家が多く、白亜の殿堂に入日が美しく照り映えて、輝いて見えます。

とても素敵で、暑そうですね。

この時だけは、ガラクタ屋敷の家の住人である自分達もちょっと優越感に浸れる時間帯なのです。

西日の当たっている家々が日陰になるまでにさらに30分もかかるのです。

その代わり、うちでは朝日は早くから当たってまぶしくて寝坊ができません。

村の東の家ではどうなのか知りたいところですが、そういう家の東側はこちらからは見えないのでわかりません。

この村の東側の住人の一人の方は、

「海に夕日が沈むのを眺めるのが気持ちいいのよ」

と満足気でした。

ということは、日没の最後のその瞬間まで暑いということです。

牧場に住んでいた時は、島の一番西のはずれの場所でしたから、この方のように水平線に太陽が沈む毎日でした。

確かに夕日が沈むのは充分観ることができましたが、西日の照りつけには閉口しました。

二十年近く海に沈む夕日は毎日眺めて堪能しましたし。

夏の夕日の鑑賞と日陰の過ごしやすさと、どちらを取るかというと、今は日陰の涼しさを選びたいです。

3月から10月までは夏になる石垣島。

近年は夏になると(涼しい北の国に住みたいなあ)としばしば思うのです。



↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを
にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野生児の妻

Author:野生児の妻
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード