カウボーイのお引越し その25

  人気ブログランキングへ

 最新記事がトップに来ています。

最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。


いろいろと忙しく2ヶ月もブログ更新していませんでした。

「カウボーイのお引越し」の話の続きに至っては3ヶ月もほったらかしでした。

あらすじを忘れてしまった方は前回のを読んでください。すみません。

→カウボーイのお引越し その24からつづく


トラクターの傾きが30度を越えたと思った時、時間が止まったようにトラクターも止まって見えました。

人間は死ぬ直前には今までの人生の映像が走馬灯のように見えるそうです。

そしてわずかな時間がゆっくりに感じると聞いたことがあります。

それと同じでしょうか。

いやいや死ぬのは私じゃないです。

私は後ろで見て叫んでいるだけです。

「キャーーー!トラクターが・・・。あ――――、生命保険~~~」

と、次の瞬間、傾きの止まったトラクターは起き上がりこぼしのように元の位置に戻りました。

「わあ、奇跡的!!」

と同時に

「ガタン!ドタン!!」

ロープが切れてボートがまた地面に落ちてしまいました。

再び着地したトラクターの大きなタイヤが勢いで少しバウンドしたように見えました。

もしかするとロープが切れたおかげで倒れずに済んだのかも。

「あああ、こわかった」

「助かった。もうダメかと思った」

本当に危なかったところでした。

「なんか後ろで大きな声で叫んでたな」

「だって、もう倒れるかと思ったわよ」

「なんだか『セーメーホケンが~~~~』とか聞こえたけど」

「い、いえ、別に。ただキャアキャアわめいたとは思うけどね」

とにかく無事でした。

気が付くとわずか2kmほどしか進んでないのに3時間くらい経っていました。

途中で何度もロープが切れて結び直して時間がかかったからでしょう。

「この先の日陰でちょっと休憩しよう」

木の陰で、持ってきたパンと水で簡単な昼食。

「いつも車でしか通らないから気づかなかったけど、けっこう遠い道のりだね」

「歩くより時間がかかるね」

たしかに4kmならさっさと歩けば1時間で着きます。

ここでまだ半分です。

ここからは道が広めでカーブも少なく坂もほとんどない道がしばらく続きます

「さあ、行くか」

行くしかないのです。

向こうから車が来ます。

めったに車は通らない道路ですが、こんなに何時間もいれば数台は通ります。

道が狭い所ではすれ違うのに苦労しますが、ここから先、1kmくらいの間は道幅が広いので端に寄って走れば問題なくすれ違えます。

1時間くらい走りやすい道路を行くと、今まで一本道だったのが初めて分かれ道になります。

ここからが難関。

広い道から分かれて山に上がる細い農道を行かないと新居に着かないのです。

広い道路だけを通っていく事もできますがだいぶ遠回り。時間がかかります。

おまけにそれだと村のメインストリートを通らなければなりません。

注目の的になってしまいます。恥ずかしいっ!

直角の曲がり角。

トラクター、ボート、鉄兵丸、の三連の連結の乗り物が曲がるのはかなりむずかしいです。

「曲がれるかなあ」

何度も切り返し、トラクターと鉄兵丸の位置を移動して何とか曲がりました。

あと1kmくらいだ、ガンバレ。

カウボーイのお引越し その26 につづく

↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを

にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野生児の妻

Author:野生児の妻
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード