カウボーイのお引越し その12

人気ブログランキングへ

 最新記事がトップに来ています。

最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。


カウボーイのお引越し その11からつづく


屋根の型枠ができあがって、あとは大量の生コン注入となりました。

その日は大勢の人に来てもらって仕事をするので、終わってから、いわゆる「棟上式」(むねあげしき)をします。

近所の人も呼んで、無事に棟上が出来たことをお祝いして料理や酒を振舞うのです。

今までは人手の要る作業の日は女の私も頭にタオルを巻いて男たちといっしょに作業をしていました。

でもこの日は棟上式の準備が忙しいので朝から料理作りに専念します。

二、三品作ると言っても、村のほとんどの人が来ますから相当の量になります。

刺身、お寿司は店で買って来るとして、天ぷらなどは手作りです。

牧場の家で作ったのではここまで運ぶのに遠すぎます。

建築中の場所にはガスも水道もまだありません。

そこで村の公民館の台所を借りて料理することにしました。

私一人では大変なので、友人のナッちゃんに手伝いに来てもらうことにしました。

ナッちゃんは数年前に牧場で過ごして今は石垣の人と結婚して主婦になっています。

大量の魚、イカ、野菜に衣をつけて二人で次々と揚げていきます。

島では冠婚葬祭の行事その他、人が集まるというと料理は刺身と天ぷらがメインです。


「何かというと天ぷらだけど、いいのかな?」

「いいんです、天ぷらで」

自信を持ってそう答えるナッちゃんは大阪出身ですが島の地元の人と結婚しています。

大家族で親戚の集まる時はたぶん大量の天ぷらを今まで作って来たのでしょう。

「こんなにいつも天ぷらで飽きないのかなあ」

「飽きないんですよ」

笑ってそう言ういつもニコニコ明るいナッちゃん、

ナッちゃんの作る天ぷらを親戚の人たちはきっと喜んで食べてくれているんでしょう。

幸せそうなナッちゃん、

私より二十歳くらいも年下で主婦暦も短いナッちゃんに沖縄風のおいしい天ぷらの作り方を教わります。

冷めても衣がベチャつかず固くもならない。

野菜を揚げても水っぽくならない。

天ツユや醤油をつけずにそのままで食べられる下味付きです。

天ぷら作りに夢中になっていましたが、現場の生コン注入はどうなったでしょう?

だいぶ前に公民館の前の道路をミキサー車が通って行きました。

ここの台所の窓から道路を走る車はよく見えます。

「ナッちゃん、悪いけど、ここちょっとお願い。向こうの様子も見てくるね」

「はいはい」

車で2分。歩いても行かれる距離です。

いえいえ、それどころか道路から山の方を見ると高台に建つコンクリート色の四角い大きな物が遠くからも見えます。


「みなさん、ありがとうございます。わあ、屋根の生コンうまく入ったんだね」

「うん、ちょっとアクシデントはあったけどね」

「何?」

「柱が爆裂しただけだよ」

「爆裂?!」

柱の型枠を留めたネジ釘が一部はずれて、板の隙間から生コンがあふれ出したらしいのです。

「で、柱は無事?」

屋根も崩れず普通に建っていますから無事は無事だったと見えますが。

「急いで板を当てなおして事なきを得たんだけどね、・・・・まあ・・・」

「だけど・・・?」

「ここだよ」

たくさんのサポートの柱の隙間を縫ってこわごわ屋根の下を覗くと・・・。

ちょうど台所と脱衣所の境に当たる柱です。

型枠はきちんと直されて生コンが納められています。

下を見るとあふれたセメントが床にこびりついて固まりかけています。

つるつるに平らに出来上がっていたコンクリートの床にちょっとセメントが垂れてデコボコになったかなあ。

でも壁際の隅っこだし、まあいいか。

自分たち家族が住むだけだし。

しかし、数日後に型枠のコンパネをはがした時に結果が分かることになるのですが。


「もうそろそろお仕事終わりそうだね」

「よし、棟上式のお祝いの準備だ」

建物の中はサポートの柱だらけだからお客さんはもちろん、家族も入れません。

棟上のお祝いの席は建物の外にビニールシートを敷いて、ということになります。

セメントの後片付けが済むころにはぞくぞくと村の人が棟上のお祝いに集まってくれます。

買ってきた刺身やお寿司と、公民館でナッちゃんに手伝ってもらって作った大量の天ぷらを並べます。

大人たちが食べて酒を飲む席の隣に子どもたちのテーブルもセッティング。

「ワーイ、お寿司だ!」

「ポテトチップおいしい」

近所の子どもたちも集まっていっしょに食事するのは楽しいことです。

ご近所からは棟上のお祝いもいただいて薄暗くなるまでこの山の中腹の建築現場がにぎやかな宴会場になります。

今まで毎日仕事に来てくれていた棟梁やマムさんも、忙しい仕事はこれで一区切り。

今までは、夏の台風が来る前に棟上を終わらせようと毎日暑い中がんばっていたのでした。


明日は朝寝坊ができそうです。



→カウボーイのお引越し その13につづく


↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを
にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野生児の妻

Author:野生児の妻
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード