イノシシ天国 その11

人気ブログランキングへ

 最新記事がトップに来ています。

最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。

→イノシシ天国 その10からつづく

家畜を釣るにはエサです。

イノシシにいつも与えているトウモロコシのフレークの袋を持ってきました。

毎日やっている農協のエサの袋を見せただけで条件反射のようにイノシシは走って寄ってきます。

「今だ!」

父さんが急いで金網の修理をしている間、イノシシの気をこちらに向けておかなければなりません。

時間を稼ぐためにわざとエサの袋をガサガサさせて、金網越しにチビチビと勿体ぶってのエサやりです。

金網を閉じるのが終わるとイノシシに気付かれないように素早く脱出した父さん。

「ああ、怖かった」

「バカ、オレの方がこわかったぞ」

となりの囲いに入れたメスは草に隠れています。

しばらくイノシシを入れていなかったのでそちらは雑草が茂っていました。

出産を迎えるのに好都合です。

オスのイノシシはメスの方にも行かれず、からかう相手の人間もいなくなって所在無げ(・・・かどうかわかりませんが)囲いの中でウロウロしていました。

この状態でイノシシたちは数年間飼われることになるのです。

ウリボウが産まれたりもしましたが、一番大きなイノシシは体重が80㎏を越えたと思うくらいよく太りました。

もう絶対人間より強いです。

戦う気はありませんが。

「わあ、イノシシ飼っているんですか」

遊びに来た人に自慢げに見せる父さん。

毎日エサをやってるのは私なんですけど。

「はい、あまり近づくと危ないですよ」

「いやいや、手を出したりはしませんよ。咬まれるんでしょ」

「え、そうじゃなくて、そんなにソバに行かないで・・・」

ビチャッ!

「キャッ、汚い!なんか飛んできた」

(だから言ったじゃないの)

「すいません、地面がドロドロで・・・」

「何だ、これ、泥っていうかウンコ混ざってる?臭いよ」

お客さんの白いシャツは101のダルメシアンみたいに黒い(こげ茶?)斑点になってしまいました。

このイノシシの放牧場、いつも「ぬかるみ」です。

晴れた日が続くと地面が乾きますが雨の季節はグチョグチョでイノシシが歩くたびにビッチャビッチャと足音がします。

いくら泥に身体をこすって泥浴びが好きなイノシシでもこれはちょっとひどいかな。

ときどきトラクターで乾いた土や砂を入れてやりますけど、すぐ水っぽくなってしまいます。


エサは、農協で買ってくるエサだけでは足りないので残飯も投げてやります。

残飯と言っても人間様が食べないもの、つまり卵の殻や魚の骨、果物の皮など。

そんな物でもバリバリと喜んで食べています。

草の根も掘って食べるくらいですから。

しかし臭い。

イノシシの体臭ではなく残飯とどろどろ地面の臭いです。

住宅のすぐ目の前にイノシシの囲いがあるのでにおいは家の中まで風に乗って流れてきます。

「臭い、ご飯がまずくなる」

「窓を閉めろ」

閉め切って一日中エアコンを点けることになってしまいました。


「あのう、イノシシを飼ってどうするんですか?」

よく人に聞かれます。

「ええと、どうするって」

「食べるんですか?」

「最初は食べるつもりで飼い始めたんですけど・・・」

「あの大きなオスなんてすごいですね」

確かによく太って肉がたくさん取れそうです。

「売れますね」

はい、でも捕まりません。

中に入ったら殺されます。

「こんなに大きくなったら捕まえることもできなくて、売ることも食べることもできませんよ」

「じゃあ、子どもが産まれたら捕って食べればいいですね」

「そうですね、仔豚の丸焼きで」

そう冗談を言いますが、ウリボウが産まれたらそれはそれで可愛くて食べるなんてできません。

こうして、イノシシは順調に育って増えては行きますが食べも売りもせずに毎日エサをやっていました。

動物好きでかわいいのならペットですけど、私は動物を飼うという趣味はありません。

誰もやらないから仕方なくエサをやっていますが本当は動物好きじゃないんです。

臭いし。


「イノシシ、どうして飼っているんですか?」

さあ、どうして飼っているんでしょうね?


数年経って子どもたち(人間の)が学校や幼稚園に行くようになって、友だちを連れて来るようになりました。


「この家、なんか、くさいよ」

「なんでアンタの家、臭いの?」

イノシシがいるからです。

それだけならいいのですが、ついに恐れていたことが起きました。

→イノシシ天国 その12につづく

↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを
にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野生児の妻

Author:野生児の妻
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード