イノシシ天国 その10

人気ブログランキングへ

 最新記事がトップに来ています。

最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。


イノシシ天国 その9からつづく


「囲いに穴でも開いているの?」

「それなら外側から直せるんだけどさ」

出産が近いメスがいるのでそれを隣の部屋に移して、間のドアを閉めるというのです。

イノシシのオスは、メスが産んだ赤ちゃんをいじめたり、ひどい時には食べてしまいます。

子どもが産まれたらすぐに、できれば産む前にオスとは分けておきたいのです。

部屋の間のドアと言っても金網で作った境目の戸で、開け閉めしてイノシシを移動させたらペンチを使って針金でしっかり留めて開かないようにします。

また必要ならペンチで針金をはずして開けます。

めんどうなようですが、それくらいしないとイノシシは力ずくで出てしまいます。

「二つの部屋の間のドアを開けるからメスを隣の部屋に追いやってくれ」

「ゲ!この中に入るの?私が?」

「メスがドアに近づいた時を狙ってドアを開ける。メスが向こうの部屋に移ったらすぐドアを閉める」

「一人でできないの?」

「メスについてオスが行かないように見張っている役目が要るんだよ」

「えーーー?!」

「ドアを開け閉めするのとオスを追っ払うのとどっちがいいか?」

「どっちもヤダよ~」

「ホラ、いいから早く入ってくれよ」

「コ、コワイよ~~~」

仕方なく、身長よりも高い金網の柵をよじ登って中に入ります。

これがまた高所恐怖症の私には苦手な作業です。

「た、高い!」

「なにを震えてるんだよ」

「い、今下りるわよ、あ、コラ、金網揺らすなー!」

地面に降り立つとイノシシのウンコと赤土の混ざったネトネトの土に長靴が半分埋まります。

「き、汚いよー」


メスがうまい具合にドアのそばに来ました。

「今だっ、開けろ」

メスが隣に入ったのを見届けてすぐドアを閉めます。

「よっしゃ、そこでオスがこっちに来ないように防いでくれ」

オスを追い払うための長いモリを持たされ、今度は私が見張る番です。

「ヒェ~、こっちに向かって来たらどうするのよ!」

「武器を持ってたら大丈夫だよ。しっかり見ててくれよ、こっちでドアを針金で縛ってるから」

「こらあ、イノシシ、こ、こっち来るなあ」

普段はエサを食べて静かに昼寝しているだけのイノシシですが、今日は囲いの中に人間が入って来ていて、いつもとようすがちがうと思ったのでしょう。

向こうも少し落ち着かないようです。

イノシシに背を向けてドアの取り付けをしている父さんの前に立ちはだかり、イノシシにモリを見せて守ります。

「来るな、来るな、来るなあ。いつもエサをやってる人の顔わからないの?」

イノシシはモリを避けて回り込んで近づこうとします。

長いモリですが、柄の長さより短い距離の内側にに入られたら、その長さゆえにモリが使えず戦えなくなってしまいます。

思わず後ずさりするとイノシシも前進してきます。

すぐ後は今修理真っ最中の金網です。

これ以上は下がれません。

やむを得ずモリを少し引っ込めて短く持ってみます。

私の後ろで柄の先が何かに当たりました。

「い、痛えなあ、あんまり下がって来るなよ。作業ができないだろう」

「だって・・・わ、もうダメ、コワイよーー!サイナラ・・・」

モリを投げ出して金網に飛び付きました。

そして高所恐怖症も忘れジャッキー・チェンのように垂直に駆け上り、柵の外に出てしまいました。

「あー、逃げるな!・・・わ、わ、イノシシが来るじゃないかあ」

修理どころではなく、地面のモリを拾ってイノシシを追い払っています。

男の大きい声に迫力負けしたのかイノシシが下がりました。

その隙に父さんはくるりと後ろを向いてしゃがんでまた針金とペンチを持ってドアを閉じる仕事を始めました。

と、

「痛いっ!」

 猛獣に背中を見せてはいけませんねえ。

離れたと思ったイノシシはまた寄って行って父さんのお尻を甘咬みしたようです。

イノシシの方でも、この人が自分に危害を与える敵とは思ってないので、本気で噛んだりはしません。

それでも尖った牙はまるでカミソリのように鋭い切れ味です。

触ればケガをします。

イノシシの方に向かうと奴らは退散します。

でもまた背中を見せてしゃがんで仕事を始めると寄ってきます。

これでは仕事ができません。

「おーい、何とかしてくれ」

そう言われても、もう一度中に入る気はしません。


でも何とかしなきゃ・・・。


イノシシ天国 その11 につづく


↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを
にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野生児の妻

Author:野生児の妻
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード