熊と闘えるか


 最新記事がトップに来ています。最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。

南アルプス縦走登山、いよいよ始まりました。

昨日、山登りの恰好のまま、父さんは飛行機に乗って行きました。

夕方には名古屋の息子の部屋で福島からバスを乗り継いで来た娘と合流。登山の持ち物の分担、準備をします。

ここでもう一人合流するのはO橋さん。彼の車で登山口に行くバスの停留所まで連れて行ってもらうことになっています。

それだけではなく、18泊分の荷物の内、一部を持って途中で立ち寄る予定の山小屋に運んでおいてくれるのです。

デポ(デポジット)と言って前もって山小屋に預かってもらい、数日後に山小屋に着いて受け取るまで保管しておいてもらいます。

18日分の食糧、炊事の燃料の全部を持っての登山は体力的に無理。現役山岳部の時ならできたんでしょうが、高齢者になって、半年くらいのトレーニングでは追いつきません。

始めはデポは1日かけて自分で行くつもりでした。でも娘の大学の集中講義が8月末に始まるということがわかり、日程からして、1日の余裕もないことになったのです。デポは登山初日に誰かにお願いするしかない!

車を出してくれるO橋さんが引き受けてくれました。デポは12kg以上で、ふもとから山小屋まで徒歩で山道4時間くらいかかるんじゃないでしょうか。よく引き受けてくれました。

O橋さんはデポだけやってくれて、あとは登山には参加せずに帰ります。

米などの食糧、テント、寝袋、等等々、相当な荷物。大丈夫でしょうか?途中で無理と思ったらリタイアして下山すれば済むことですが。

もっと心配なのは熊に遭遇しないかということです。

夏休みで大勢が登山道を歩いているでしょうから熊も人の多い所には来ないでしょうが、登山道をちょっと離れて張るテントでは?

「熊が心配だわよ」

「熊に遭ったら闘うしかない!」

「だって武器もってないじゃん。銛でも持って歩くつもり?」

「ナイフがある」

「ナイフじゃダメでしょ、闘えないでしょ」

「ナイフを長い棒の先に付けてタイヤチューブを細く切ったゴムの紐で縛って武器にして闘う」

「そんな馬鹿な・・・」

「闘うしかないよ」

案外、本気かも知れません。とにかく無事に帰還してくれることだけ祈ります。

山の中はケイタイの電波も届かない所が多いようなので、安否確認も毎日というわけにいきません。

届いても届かなくても、一応、翌日の降水確率だけはメールすることになっています。

↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを

にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

野生児の妻

Author:野生児の妻
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード