スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カウボーイのお引越し その16

  人気ブログランキングへ

 最新記事がトップに来ています。

最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。

カウボーイのお引越し その15からつづく

 夏休みになったら新しい家に引っ越してのんびり過ごすはずが、連日の引越し作業です。

長い休みなのに子どもたちは遊びに行く暇もありません。

家の中の荷物もさることながら、庭の果樹も引越しです。

20年も住んでいると、家庭菜園の域を越えて熱帯果樹が何本も、それもかなりの大きさになっていました。

これも個人の物ですから持って行って新しい土地に植え替えます。

幸いにも今度の土地の畑は広いのです。

シークワーサー、アセローラ、などの熱帯果樹を根回しして移動します。

根回しもミニユンボの「鉄兵丸」が働きます。

建築はほとんど完成ですがこういう仕事にまたマムさんが来てくれます。

何年も育ててきた果樹の根の周りを深く掘って移植できる大きさに地下の部分をまとめます。

一番愛着があって持って行きたいのは「ボクのトモダチ」のクワの木でした。

でもあまりにも大きく育って、今では大木と呼べる太さになってしまったクワの木は運ぶのはむずかしいでしょう。

思い出のあるクワの木。

子供が生まれる前に1m足らずの高さで太さも指くらいしかなかった細い苗だったのに。

植えた2年後に子どもが産まれ、子どもたちといっしょに成長していったクワの木は家族のようなものでした。


数年前に水道管敷設の工事をしました。

それまで谷の水をポンプで汲み上げて引いてきていましたが、市の水道水を使うことになったのです。

水源の近くで道路工事があって、保健所で調べてもらうと谷の水は飲み水には適さない水になっていました。

水道管を地中を掘って埋めるのには台所近くのクワの木の大きく横に張り出した枝がじゃまでした。

大きな機械が入らないので、一番太い枝を切り落とすことになりました。

その時も子どもたちは、(私も)泣きたいくらいに悲しかったのです。

枝にロープを下げてブランコにして遊んだり、それを足がかりにして木に登って屋根の上まで上がったり。

大事な枝だったのです。

枝を一本切るだけでも悲しいのに、この木を丸ごと置いて去らなければならないというのは辛いことでした。


 他の木は根回しが済んで持って行って移植しました。

そしてまだまだ引越し作業が続く中、夏の例年の現象が起きました。

台風です。

毎年の恒例行事のように台風は必ず来るのです。

建築途中でなくてよかったです。

新しい家は壁も屋根も窓、ドアも完全にできあがって台風に対しての心配はありません。

台風が来る季節の前に完成させようとがんばって6月中に工事を終わらせたのです。

新しい家は戸締りを完璧にして、家族は牧場に帰ります。

台風が過ぎるのを待つ事にします。

久々に引越しの作業はお休みです。

あまり大きくない台風だったようで一晩経っただけで暴風は強風に変わりました。

まだゴーゴーと風の音はしますがそっと台所裏のドアを開けて外の様子を見てみます。

「あああっ、クワの木が!・・・・・・」

植えてから十年以上経って、今までどんな猛烈な台風にもびくともしなかったあのクワの木が、傾いてしまっています。

完全に倒れてはいませんが元の位置へ修復するのは人間の力では不可能です。

鉄兵丸を使って起こしたとしてもかえって根を傷める事になるでしょう。

どっちにしてもこの木の所有権は放棄しなければならなかったのです。

「ボ、ボクのお友だちが・・・・・・・」

中一になっていた鉄兵もショックなようです。

クワの木の周りに何本も根を張っていた他の木を掘って持って行ってしまったからでしょうか。

地盤が緩んでいた所へ大雨が降って強風が吹きましたからこうなってしまったのでしょう。

二十年前に初めてこの牧場に来た時は住宅の周りには木の一本もなく風の音だけが聞こえて荒涼とした原野のように見えました。

いつしか、植えたクワの木だけでなく、こぼれ種から生えたクワの苗も生長して大きな木になっていました。

他にも飛んで来た種から生えた雑木などで家の周りは木に囲まれて、森のようになっていました。

遠くから見ると牧場の中に小さな森があり、その中に小さな家があるという状態でした。

大草原の小さな森の小さな家だったのです。

森になってからは直射日光は避けられて、日中壁が熱くて触れないということはなくなりました。

トイレも浴室も涼しくなって、以前のようなサウナ状態ではなくなりました。

その代わりちょっと風通しが悪くなって蚊が多く、それに室内は昼間も薄暗くて電灯を点けていましたが。

牧場閉鎖と同時に解体されたトラックが牧場の仕事の象徴なら、このクワの木はここでの子育ての生活の象徴だったように思えます。

二十年近く続いた牧場での生活も終わりを迎えようとしていました。



カウボーイのお引越し17につづく

↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを

にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

カウボーイのお引越し その15

  人気ブログランキングへ

 最新記事がトップに来ています。

最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。


長らくお休みしていました。お待ちかね(誰も待ってないと思いますが)つづきです。

カウボーイのお引越し その14からつづく


休日の度に父さんの弟が手伝いに来てくれました。

それでも荷物運びはなかなか終わりません。

主に男性二人がトラックに荷物の箱を積んで移動、そして向こうで降ろして空になったトラックが帰ってきます。

子どもたちや私はトラックの荷台に載せやすいように野鳥さんの家の出入り口まで荷物を運んでおきます。

普通の家の引越しなら、家族でこうやってトラック一台に荷物を積んで一度の運搬で終わるのでしょう。

そうなるためには、引越し前には最低限必要な物以外は、涙を飲んで捨てるか知り合いの人に引き取ってもらうんでしょうが。

我が家では「拾う物はあっても捨てる物はない」精神でものすごい量の持ち物です。

なにしろ、毎年三月末の転勤の季節のなると、引っ越す人からもらう物や、まだ新しいのに捨てられる運命の物を運び込み、家にまたものが増えていくのです。

買った物は少ないけど年々増加の一方の家財道具。扇風機などは五人家族でありながら十五台以上になりました。ほぼ1mおきに扇風機が置かれて、どの部屋のどの位置にいても扇風機に手が届く、という便利というか、どんだけ暑がりなんだ?!

 荷物をトラックに満載して出発→降ろして帰って来る→次の荷物でまた満載で出発・・・を繰り返して夕方になります。

トラックを農家の人に返すついでに新しい家に行って見ます。

「わ、わ、すごい!荷物でいっぱい!」

そりゃそうです。牧場では小さな2DKの住宅には入りきらなかった荷物は隣接したプレハブ、ちょっと離れたプレハブ、そして室内でなくてもいい物はトラクターを入れてある格納庫に、と分散してありましたからまとめると相当な量です。

「西の部屋はもうこれ以上は入らないな」

「これだけギッシリよく入ったね」

「隙間なく入れただろう。・・・って言うか、人間が入る隙もないな」

奥から順番に詰めて荷物を入れたので上手にたくさん入りましたが、奥の方の荷物は取り出せません。

「まあ、今度は床が抜ける心配はないからねえ」

荷物はコンクリートの土間に直に置いてあるので床が抜けることはありません。元々が倉庫ですから、床の板張りは作ってないのです。

家の中は全て土足で生活することにしました。

「次は隣の中央の部屋に入れるのか」

約四十坪の東西に長い建物を、大きく三つに分けて作りました。

東と西の部分が倉庫兼車庫。中央の一番広い部屋が居室部分です。

でもここで一つ問題がありました。

中央部にはベニヤ板が何百枚も山積みされて場所を占めていたのです。

天井や壁に生コンを流し込む時に使ったコンパネです。

セメントが固まってからはがしたベニヤ板は外に置かれた船積み用巨大コンテナの倉庫にも入りきらず、居室部分に積まれてありました。

大きさはたたみ一畳ほどの板、厚さ1cm2cmの板でも百枚重なると高さ1mになります。

中央の部屋には人間の背の高さよりも高く積まれたベニヤ板の山が全部で三つもありました。

これだけでも荷物を置くスペースが限られています。

夏休みに入り、子どもたちは学校に行かなくていいことになると、毎日が引越し作業です。

「ねえ、引越しってこんなに何日もかかるもんなの?」

引越しを経験したことのない子どもたちの素朴な疑問。

「ううん、普通は一カ月位前から少しずつ荷物をまとめていって、引越しの日は一気に一日で運んじゃうんだよ」

「そういうもんなの?なんでうちはこんなにタイヘンなの?」

「荷物がすごく多いからかな」

「よその家ではもっと少ないのかな」

「多い家でも、引越しとなると仕方なくどんどんものを捨てたり人に上げたりして減らすのよ」

「うちは拾うことは捨てることはありえないもんね」

よくわかっていらっしゃる。

「他の人が捨てるような物でも拾ってきちゃうもんね」

「捨てるゴミあれば拾うゴミあり」

そういう諺だったかな?

カウボーイのお引越し16につづく

↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを


にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
にほんブログ村
プロフィール

野生児の妻

Author:野生児の妻
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。