スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンプの後遺症 その1



人気ブログランキングへ
最新記事がトップに来ています。

最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。

遭難アドベンチャー その7からつづく




「だいじょうぶか?」

「ううん、大丈夫じゃない・・・」

普段なら風邪を引いても一日寝たら翌日はもう元気になっている私ですが、今回は重症です。

高熱の他にはげしい下痢と嘔吐。

何を食べても水を飲んでも吐いてしまいます。

トイレと寝室の往復です。

「明日あたり病院に行った方が・・・」

「ウウウ・・・きもちわるいー!」

「どうした?」

タタタタタ・・・バタン!・・・

「アレ、またトイレ?」

「・・・・・・・」

ザーッ(水を流す音です)

「ああ、もうダメ・・」

「布団で寝てるよりトイレにいる時間の方が長いんじゃない?」

「トイレで横になりたいくらい」

「辛そうだな」

「ただの風邪じゃない・・・」

「ウウウウウウウウ、お腹が・・・、どいてっ!・・・も、もれるー」

ダダダダダ・・・・・バタン!

「重症・・・」

ザーッ

「ふうっ、もうフラフラ・・・」

トイレと寝室を往復して、というよりほとんどトイレにいて朝になりました。

(病院に行かなければ、こりゃ、死ぬな)


病院に行くといっても、このころは我が家のマイカーが壊れていて使えませんでした。

街に行くときは牧場のトラックを借りたり、牛のエサを買いに行くときに乗せてもらったりしていました。

今日は仕事でトラックを使うので借りることができません。

10m離れた従業員宿舎にヨタヨタとたどり着きました。

「や、野鳥さん、ジープ・・・貸して・・・くれませんか?・・・病院・・に行きたいんです」

「いいですけど、顔色悪いですね、だいじょうぶ?」

「はあ、今・・したく・・・して・・きま・・す・・・」

部屋に戻ると足がもつれてうまく歩けません。

上がり口でサンダルを脱ぐと床に手を付いてしまいました。

「ううう、ほ、ほ・・け・・ん・・しょう・・・と・・お・・さ・・い・・ふ・・」

3m先の引き出しまで四つん這いで行きました。

もう運転できる状態ではありません。

「オレはどうしても牛の仕事で抜けられないんだ」

結局、野鳥さんが運転して、アキちゃんもついて来てもらうことになりました。

診察室に付き添いが入る必要があったら女性がいた方がいいだろうということで。

座席でほとんど横になった状態で病院に着く間も頭がガンガン痛いのです。

診察の順番なんて待っていられません。

「救急でお願いします」

救急室に入るとそのまま点滴になりました。

診察はせいぜい15分くらいと思っていた野鳥さんとアキちゃんは、いつまで待っても私が出てこないので不安になっているでしょう。

でも、その私も起き上がることも、野鳥さんたちに声をかけることもできません。

点滴と言えばふつうは、

「・・・ポッタン・・・・・ポッタン・・・・・・ポッタン・・・」

と鍾乳洞の水滴のように、恐ろしく間のびして時間がかかるものだと思っていました。

ところがこの日の私の点滴は、全開、つまり、

「ポタポタポタポタポタ・・・」

すごい速さ。

どんどん生理的食塩水が身体に入っていきます。

それだけ脱水がひどかったのです。

あっと言う間に一本終わり、点滴のパックが新しい物に交換されます。

点滴の2度目のお代わりをしている時、アキちゃんが見に来てくれました。

「どうだったんですか?」

「悪いね遅くなって」

「こちらの患者さん緊急入院になります。ご家族の方ですか?」

「い、いえ」

「アキちゃん、ごめん、牧場に電話して、父さんに〝入院の準備持ってて来て〟と言ってくれない?」

入院の病室まで点滴したまま車椅子に乗せてもらって移動です。

野鳥さんとアキちゃんに帰ってもらい、交替に父さんが来ました。

「せ、先生、・・」

「だいぶ脱水がひどかったので急いで点滴をしました」

「そうだったんですか」

「始めの2リットルは全開でしたよ。通常こんなにスピードで点滴すると心不全を起こしちゃうんですけどね」

(へえ、初めて知ったわ)

今まで病気の牛に点滴をするとき、ゆっくり落とすと時間がかかるという理由で1本の点滴を5分間くらいで済ませたことがあったのです。

超スピードで点滴された牛は、気持ちがいいのか悪いのか、貧血気味な顔になってボーッとしていました。

「なあに、牛は身体が大きいから大丈夫だよ。体重が500㎏もあるんだから」

と言われてそうかな、と思っていましたが、今考えるとかわいそうだったかな、とも思います。

私の方は、ハイスピード点滴は終わって通常のペースではありますが、まだ点滴は続きます。

食事が全く取れないのですから仕方ありません。

「先生、何の病気ですか?」

「病名はですね・・・」

「はい」

「わかりません」

「はあ?」

「原因不明です」

「えええ!」


キャンプの後遺症 その2につづく



↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓今2位になっています。
↓1日1回のクリックを
↓ここです


にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

キャンプの後遺症 その2

人気ブログランキングへ

 最新記事がトップに来ています。

最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。

キャンプの後遺症 その1からつづく


病名がわからないのは不安です。

「何かの感染症だと思います」

「何に感染したんでしょう?」

「それがわからないんです。一応、今、調べています。この病院では検査できない項目があるので、検体を福岡の検査機関の方に送っていますからまだ時間がかかると思います」

検体、って何だ?血液か?

とにかくただごとではないようです。

点滴のおかげで命拾いはしましたが、吐き気と下痢は止まりません。熱もあるし、頭もガンガン痛みます。

「とりあえず、抗生物質を投与します。改善がなければ別の種類の抗生物質に切り替えてみましょう。そのうちどれかが効くでしょう」

そういう治療法なのね。

獣医のO先生も心配してくれています。

「熱が下がらないって、それって新種のマラリアか何かじゃないの?」

昔は石垣島にもマラリアという病気はあったのです。

ですがマラリアを媒介するハマダラ蚊という虫はジャングルの中に棲んでいるので街中にいればハマダラ蚊にも刺されず、マラリアに罹ることもなかったのです。

でも戦時中に強制疎開で移住させられて、多くの市民がいつもは人の行かない山に中に移り、次々とマラリアに罹ってしまいました。

栄養失調で体力のない老人や子どもたちを始め、バタバタと倒れていったのです。

戦後日本国内でのマラリアは撲滅されました。

と言ってもマラリア患者がいなくなってマラリアの病原体がなくなった、というだけで、蚊が絶滅したわけではないのです。

ハマダラ蚊そのものは石垣島や西表島の山の中に生息しているのです。

マラリア病原体は持っていませんが。

「もしかしてマラリアかなあ」

「そんなはずはない。マラリア患者がいないのにあるわけがない」

抗生物質を替えながら点滴を続けてどうにか下痢は治まってきました。

でも食事が取れません。

「ご飯が食べられないうちは退院するのは無理ですね」

と、看護師さん。

それはそうだ。家で一日中点滴はできません。。

「家でオレが点滴してやろうか」

牛が病気になると獣医さんにもらった薬を点滴するのもカウボーイの仕事です。

町に近い農家なら獣医さんに来てもらうかも知れませんが、僻地の牧場ですから獣医さんの順番を待つより自分でした方が早いのです。

牛は皮膚が硬く厚いので針を軽く刺したのでは通りません。

なにせ牛革ですから。

注射針だけを頸静脈の所をねらって、勢いよく強く、プスリと突き刺します。

刺さったらそれに点滴チューブを繋げます。

そういう牧場での点滴の情景が頭に浮かびました。

「い、い、いいです。入院でいいです」

毎日様子を見ながら点滴が続いて、1週間以上経ったある日、突然熱が下がり、流動食が取れるようになりました。

「抗生物質が効いたみたいですね」

「熱も下がって気分もよくなってきました」

「それはよかった」

「それで何の病気だったんですか?」

「まだ検査の結果が来ていません。でもこの薬で効くということがわかったのでこのまま点滴を続けましょう」

まあ、治療法があってよかったです。

十日目になって、頭痛も消え、食事が取れるようになりました。

「もうだいじょうぶですね。今日退院してもいいですよ」

「ありがとうございます」

やっとお家に帰れます。

「結局、退院までに病名はわからなかったですね」

「でもまあ、治っちゃったんだから、退院してもいいでしょう」

そういうもんか。まあ、治ったんだからいいか。

家に戻りましたがまだフラフラします。

病院にいなくてもいいというだけで、体調はまだ充分ではありません。

日常生活もやっとです。家事もこなすのが苦しいくらいです。

2週間ほどして病院から連絡がありました。

「検査の結果、病名が判明しました」

「何だったんですか?」

「レプトスピラです」

何?それ。恐竜みたいな名前。

病院で見せてもらった医学書のコピーには説明が書かれてありました。

「亜熱帯のジャングルの川や池の水から感染する。病原体が消化器官に入れば激しい下痢や嘔吐を引き起こして、脳に入れば脳炎を起こす可能性がある。生命に危険がある」

ひぇーっ、こわい。マラリアに当たらずとも遠からずだったわけです。

「山の中の水を生で飲んだり、水の中に入ったとき、傷口や皮膚から侵入する」

そうか、あの時だ!西表の川で一日中子どもたちを遊ばせていたときです。

足の傷やブヨに刺されて掻いてできたカサブタから侵入したのかも知れません。

よくまあ,子どもたちが感染しなかったものです。

「オイ、この本に載ってるぞ」

と父さんが出してきて見せたのは、うちにある「臨床獣医ハンドブック」でした。

家畜の病気の症状や治療法が書かれています。

狂犬病と並んで、イヌの病気のページに載っていました。

「ネズミなどの尿に出た菌が池や川に入って感染する。イヌに限らず、ネコ、ブタ、キツネなどにも感染する」

とあります。

おまけにそこにある治療薬の名前は病院で私が点滴されていた抗生物質と同じ物でした。

まあ、治ったんだからいいです。

そうだ、今度牧場に来た若者をだますのに使おう、この病気の名前。

「あの珍しい大きな鳥は何ですか?」

「アレは古代からこの島に住む翼竜で、レプトスピラというの」


→キャンプの後遺症 その3につづく


↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを

にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
にほんブログ村

キャンプの後遺症 その3

人気ブログランキングへ

 最新記事がトップに来ています。

最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。

→キャンプの後遺症 その2からつづく




キャンプの後遺症、実は私のマラリアもどきの病気だけではなかったのです。

退院して徐々に体力が回復してきたころのことです。

また懲りずにキャンプの準備が始まりました。

今度は私は参加しません。

行くのは,夏の初めにマイボートで「楽々キャンプ」に行った。O橋君と父さんです。

男二人のキャンプですから荷物は少なくて済みます。

コッヘルやキャンプ用の食器など、かさばる物は持参しなくても向こうにストックしてあるのです。

そうです、エンジンが壊れてそのまま川の中に繋留してあるうちの舟、その舟のキャビンの中にしまってあるのです。

西表の舟のところまでは軽い荷物で行って、そこで荷物を舟からリュックに移すだけでいいのです。

キャンプの好きな男性二人、西表に渡り、川の中の舟の所までワクワクしていったことでしょう。

そして舟のつながれてある場所まで来たとき、二人は我が目を疑ったのでした。

そしてしばらく声も出ず、たじろぎもせず立ち尽くすことになるのでした。

「あ!・・・・・・・・」

「あっ!・・・・・・・」

「ボートが・・・・・・・・・!」

「沈没している・・・・・・・!」

「なんで?・・・・・・・・・」

「どうして?!・・・・・・・」

「・・・・・マングローブだ」

「?は?」

ボートは川の中に入れておいてもらったのですが、そこは川の両側からマングローブが生い茂っていました。

熱帯のジャングルの河口近くによくある、水中から生えている植物です。

幹の下の方にタコ足のように根が広がったおもしろい形をしています。

海に近い河口ですから、満潮の時は海水が上がってきて水位が増え、真水と混ざり合います。

そして干潮の時には水位が下がって岸の近くの川底は干上がります。

マングローブの根元は空中に露出してしまいます。

このマングローブの根っこというのは木のように堅いのです。

根だけでなく、下に落ちて芽が出た種もあります。

この芽も堅く伸びてきて天を向いています。

ボートはこの堅い根や芽の上に乗ってしまったのでした。

おそらく雨水が溜まってずっしり重くなっていたのでしょう。

潮が引いた時、舟の重さでグラスファイバー製の船底はマングローブの根が刺さって穴が開いてしまったのです。

そして次の満潮で水位が上がってくると穴から水が入り、当然ボートは沈んでしまいます。

積んであったキャンプの食器などとともに。

これで仲良し男二人のルンルンキャンプに行くはずだったのに。

もうキャンプに行く気力がすっかり失せて力がなくなってしまいました。

がっかりした気持ちで行く傷心のキャンプというのはどういうものでしょう。

そんな状態でもせっかく準備して行ったのですからキャンプは実行するのです。

使う予定だった食器類は沈んだボートの中なのでどうしようもありません。

幸いO橋君が予備に持っていた1~2人用の小さめのコッヘルの組み合わせがあったのでなんとかなりました。

ボートが沈んで、気持ちも沈んだキャンプでしたが、帰って来てからは、あの沈没したボートをどうやって救出するか、父さんは毎日考えていました。

「舟は石垣島まで曳航して修理屋さんに直してもらうしかないな。エンジンは海水に浸かってしまったのでおそらくもうダメだ。それ以前に沈んだ舟を引き上げて水の上に浮かばせなきゃならないし」

「でも舟底に穴が開いているんでしょ」

「そうなんだよ、その穴を塞がないと浮かばないんだ」

「水中に沈んだままで穴の修理ができる?」

「できないよ、水面に浮かばせた状態じゃないと」

「どうやって浮かばせるの?」

「穴を塞いで」

「どうやって穴を塞ぐの?」

「浮かばせてから」

「どうやって・・・・・・」

と、これじゃ永久に引き上げできません、うちの沈没船.



→キャンプの後遺症 その4につづく


↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを

にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
にほんブログ村

キャンプの後遺症 その4

人気ブログランキングへ

 最新記事がトップに来ています。

最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。

キャンプの後遺症 その3からつづく


「うーん、うーん、どうするかなあ」

一生懸命考えています、ボートを浮かばせる方法。

「そうだ!これだ」

いい考えが思いついたようです。

「今度の大潮の干潮の時に西表に行って穴を修理するんだ」

月に二回の大潮の日の干潮時は河口の岸は干上がって地面が露出します。

それだから舟底が地面に着いて、生えていたマングローブの根が突き刺さり、穴が開いたのでした。

だから同じように干潮時には水が無くなって穴の修理ができると言うわけです。

大潮は満月と新月の前後です。

その時の干潮は昼に一回、夜中に一回です。

牧場の仕事があるので西表に行くのは休日の日帰りでしかできません。

次の大潮を待って父さんは休暇を取って西表に一人で修理に行くことになりました。

弁当持参で。

大潮の干潮はお昼頃の時間帯です。

潮が引いている間にすばやく穴を塞ぎます。

そして夕方の満潮近くまで待って舟が浮いて来るか確認します。

潮が上がって来るに連れて舟はゆっくりと、じわじわと、プカプカと、ではなくてブクブクと沈んで行きます。

「あれえ?!浮かばないの?まだ穴が開いていたのか」

石垣に戻る定期船の最終便の出発時刻が近づいています。

これに乗らないと今日中に石垣に帰れなくなってしまいます。

ゲントクおじいさんの家に泊めてもらうことはできますが、牧場の仕事を優先します。

この日の次の干潮は夜中ですから、修理の続きは二週間後の大潮を待たなければならないのです。

二週間後の大潮の日、また休みを取って西表に向かいます。

別の場所の穴を見つけて修理して、満潮の時に浮かぶか確認します。

ダメならまた2週間後に来て修理の続き。

なんと気の長い話でしょう。

それでも3回ほど通って修理完了。

ついに舟は水面に浮かびました。

さっそく石垣まで修理屋さんに曳航してもらうことになりました。

「こりゃあ、エンジンは丸ごとはずして回収しましょう。分解掃除して直すより、中古のエンジンを探して取り替えた方が時間も費用もかからないですよ」

ということで、ボディだけ牧場に運びました。

手ごろなエンジンが見つかるまで、エンジンのないボートは牧場のサイロ脇の空いた土地に置かれることになりました。

結果的に、それ以後何年もの間、動かないボートは飾り物のように同じ場所に置かれたままになるのでした。

海には出られませんが、子どもたちの格好の遊び場になっていました。

中古のエンジンが見つからないと海に出ることができませんが、私は内心その方が良かったと思っていました。

行方不明になって泳いで助けを求めに行くのはもうゴメンですから。


私の黒いランドセル その1 につづく

↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを

にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
にほんブログ村
プロフィール

野生児の妻

Author:野生児の妻
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。