無人海岸 大キャンプ その4


 最新記事がトップに来ています。最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。

リーダーのケイタイに続いて、しんちゃんのケイタイも使えなくなってしまいました。

O橋さんは、出発前にS社はヌバンではエリア外であることを予測して、もう1台D社のも持参していましたが、D社の物もアンテナ圏外です。

南に開いたクーラ海岸では電波は届きます。南のずっと先に波照間島の島影が見えます。

この波照間島の中継基地を使って電波が届けられるようです。

連絡がないまま、何も知らない私は、石垣の自宅からせっせと天気予報やオリンピックの結果を送信していました。

返信がパタッと来なくなったので変だな、とは思いましたが。

翌日、突然O橋さんから電話。

この電話でヌバンにいる人たちとは連絡が全くできないことを始めて知りました。

「ところで、O橋さんは今、どこから電話してるの?」

「ヌバンから40分くらい南に歩いて岬を回り、南に波照間島が見える所まで来て、スイッチを入れてみました」

ご苦労様なことです。

「船長には連絡しておきましたよ。天気も安定してるし、台風も発生していないし、予定の日に迎えに来てくれるそうです。時間は3時か5時の間としかわかりませんが」

「わかりました。明日またここに来て昼12時に電話します。ああ、日陰がないからクラクラする」

またもと来た道を歩いて帰ったようです。

その頃でしょうか、孤立したヌバン浜の近くにダイビング船が来ました。

観光客を乗せてきれいな海に来てダイビングをして、日帰りで石垣島に戻ります。

昼食はお弁当を積んで来ることもありますが、このダイビング船は調理できるキッチンが付いているらしく、船で昼ご飯を作っているようです。

昼ごはんを準備する間、お客さんは小さなジェットボートで無人の海岸まで来て、上陸して気分転換。

正確に言うと無人海岸ではありませんね。キャンプしている人たちが居たわけですから。

「無人島に住んでいる人」みたいなものです。人が住んだら無人島じゃないです。


携帯を持っていそうな観光客が来たというので、待ってましたと立ち上がるキャンプの人たち。

遊び気分できれいな砂浜に上陸した観光客の人は、バラバラと駆け寄って自分たちを取り囲むように集まった原住民を見て何事かと思ったでしょう。

事情を話して、石垣にいる私の携帯に電話をしてくれるようにお願いしたそうです。

これも事前に知らされていなかったので、2日後に知らない人から電話が来て面喰いました。

「無人島でお宅の旦那さんと知り合った者ですが、・・・」と。迎えの船が遅れないように船長に頼んでくれという内容の伝言でした。

ケイタイは電池切れと水濡れには要注意ですね。

薪を集めて狼煙と言う手もありますが、たとえ煙を上げてもこちらからは見えません。

石垣島の西側に西表島があり、西表島の西のはずれの方がキャンプ地です。山に阻まれて見えるはずがありません。


帰宅予定の前日の昼にO橋さんと、最後のご苦労な電話連絡があり、以降は船が迎えに行くまで連絡がつきません。

当日は船長から「少し迎えが早くなります。1時頃になります。」

2時間も早くなりましたが、連絡のしようがありません。まあ、急いで支度してもらいましょう。

みなさんだいぶ日焼けして帰って来ました。

特に男性はひげが伸びていかにも無人島にいたように見えます。

無事に帰って来ることができて何よりです。

夕飯に準備した豆腐やキャベツ炒め、ゴーヤチャンプルなど出すとあっという間になくなります。

そして翌日、飛行機に乗って帰る人は予定通り帰れました。

ちなみに、1週間後、ケイタイは自然乾燥して復活しました。しんちゃんのケイタイも復活したと連絡もらいました。

↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

三重県のミノちゃんへ

来週、長い帰省から父さんが戻ります。
帰宅したらいろいろ聞いてお返事差し上げたいので、差支えなければ、「管理人のみ閲覧できます」の欄でメールアドレスを教えていただけませんか?こちらからメールで個人情報をお伝えできます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 三度目です

三重県のミノちゃん

今、父さんは帰省中なので帰ってきたら聞いてみますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 初メールです。

Message body


Message body



三重県のミノちゃん


ご愛読ありがとうございます。


T晴はたしかに和歌山県出身です。


T晴の父は出生地は聞いていませんが、実家は津市にありました。

子どもの頃は奈良で過ごしたそうですが。


詳しく聞かないまま他界してしまいました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

野生児の妻

Author:野生児の妻
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード