FC2ブログ

トイレの青い手


最新記事がトップに来ています。最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。

年を取ると皮膚の湿り気というか油分が減ってカサカサになってきます。子供の頃、大人が新聞や紙をめくるのに指先を舐めたりしているのを見て疑問に思っていましたが、今はその気持ちよくわかります。

人によって差があるんでしょうが、特に父さんは、若いころ、いえ、子供のころから油っ気がなく手がカサカサ、パサパサだったそうです。中学、高校の頃に使っていた英和辞書、よく使っていた人のは手垢がついて黒くなっているものです。

彼の辞書は使いこんだのに、古びてはいたが紙の縁は白いままだったそうです。

「勉強しなかったからじゃないの?」

「ちがうよ、オレは手に油がなくて手垢がつかないの!」

手に油がない人は、紙をめくるときだけでなく、ビンや食器を持つのも滑りそうになるらしいです。

重い箱を運ぶ時など手を濡らしてから持ったりしています。

金属の丸いドアノブを回すのも苦労するようです。

家のトイレのドアノブがそうです。

握って回すのもツルツル滑ってしまうので、ドアノブに滑り止めに使い捨てのゴム手袋をはめたのです。

寝たきりの義母の介護に箱買いした医療用の緑色の使い捨てのゴム手袋です。

医療用手袋


義母は2年前に他界して、使い切れなかった手袋がたくさん残っていました。

それをドアノブにはめて、(これで滑らずにドアノブを回せる。便利になった♪)

と喜んでいたらしいのですが、手袋をはめたことを私は知りませんでした。

トイレは薄暗い廊下に面しています。手袋のことを知らない私は、何も考えず廊下の電気も点けずにいつものようにトイレのドアを開けようとノブに手をかけました。

いつもと違う感触にビックリして反射的に手を引っ込めました。途端に手袋がパサッと下に落ちました。

「ギャアー!!」

「どうしたんだよ」

「青い手が!・・・何よこれ!」

「それ着けると滑らなくていいんだよ」

「はずれて落ちちゃったわよ」

「またはめりゃいいじゃん」

「これ、ずっと付けておくの?!青い手を?」

「そうだよ」

「やだあ、気持ち悪い、不気味だあ!」

「何が気持ち悪いんだよ、あるものは何でも使えばいいだろ」

イヤですよ。かわいい子供の毛糸の手袋か何かならまだしも、青い医療用のゴム手がドアノブにはめてあって、五本指が垂れ下がっていて、お化け屋敷じゃないんだから。

毎日トイレに入る度に青い手と握手してノブを回すのは気分が下がります。

夫婦二人だけの生活ですが、来客が絶対ないというわけではありません。

「トイレお借りします」

「こちらです」

「ギョッ!」

想像がつきます。ただでさえ家の中はガラクタゴミでいっぱいで、手の届かないところには蜘蛛の巣が張り、これでトイレのドアに青い手がぶら下がっていたら、これはもうお化け屋敷そのものです。

あんまり私が、怖いだのキモいだの言うので翌日にはゴム手をノブに巻き付けてコンパクトにしてありました。

まだカッコ悪いですが、五本指がぶら下がっているよりはよっぽどマシなのでこれで妥協しました。

ドアノブ



↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを
にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



サソリはどこに行った?


最新記事がトップに来ています。最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。

朝ごはんの支度をしようとしていた時、シンクの中に元気なサソリが。体長2㎝くらい。

外でも家の中でも今までに何度もサソリには出会っているのでそれほど驚きはしませんでしたが。

石垣島に居るサソリは、「ヤエヤマサソリ」と「マダラサソリ」があるらしく、どちらも毒は非常に弱く、刺されても蜂に刺された程度の痛みしかないそうです。今回見つけたのはマダラサソリらしいです。
サソリ

毒は弱いとは言っても刺されるのはイヤですから、叩いて息絶えてから観察。

島の田舎では、サソリやムカデなどが居るので、靴を履くときに逆さにしてパンパンとはたいて中に虫が潜んでいないか確認してから履いた方がいいのです。時には長靴の中に小さなハブが入っていることもあるのです。

知らずに靴をそのまま履いて咬まれたら大変です。1年ほど前には長靴の中の奥の方でネズミが死んでいてビックリしたこともあります。

動かなくなったサソリ、虫の好きな人の誰かにあげようかな、そんな人は居るかな。

この島では珍しくなくても、本土では珍重されるかも。

動かなくなったマダラサソリをティッシュに載せてテーブルに置き、取り敢えずそれを見ながら朝ごはん。

サソリの標本を欲しがっている人にあげようかどうしようか、明日考えることにして、その夜はそのまま寝てしまいました。

翌朝テーブルを見ると、ティッシュの上のサソリが消えています。逃げたのではありません。昨日完全にお亡くなりになっていましたから。
ゴキブリかネズミか・・・。

ゴキブリが咥えて行ったのではないでしょう。ゴキブリならその場で齧って食べるでしょう。

ということは、虫を食べるのが好きなジャコウネズミ?

近頃台所の物陰でジャコウネズミの声がして、ゴソゴソ動いていましたから。

まあ、サソリを一番欲しがっていた相手に渡ったということで喜んでもらえてよかったと思うことにしますか。


↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを
にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
にほんブログ村

ブタの恋人は樹


最新記事がトップに来ています。最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。

ヤギを飼っている話は以前にしたと思いますが、その他に罠で捕えたイノシシと黒豚を飼っています。

ブタは黒いミニブタなのか、「アグー豚」と呼ばれる沖縄特産の高級豚なのかよくわかりませんが、黒いので「クロちゃん」と名付けて檻の中で飼っています。

我が家に来たときは10㎏もないくらいの子豚でした。直径1mくらいの小さな檻に取り敢えず入れて、金網越しにエサをやっていました。

1年も経たないうちにクロちゃんは大きく成長して檻が狭そうです。

「狭くてかわいそうだな、広くしてやろう」

檻は日陰になるようにと、桑の木とガジュマルの木のそばに置いたのでした。

その桑の木とガジュマルの木を含めて檻の外側にもっと広い囲いを作って広々と歩き回れるようにと父さんは金網で高めの壁を作ってやりました。

檻の根元には石をたくさん入れたコンテナを縛りつけ、檻の根元の地面を掘って逃げられないように頑丈に作りました。

豚やイノシシは柵を飛び越えたり、よじ登ったりするのは苦手ですが、鼻で地面を掘るのは大好き。

柵の下を穴掘って逃げるんじゃないかと心配して念を入れて作りました。

さて小さな檻で大きく成長してしまったクロちゃん、外側の広い場所に出してやりたいのですが、どうやって出すか・・・。

屋根の部分を取り外して、よじ登って出てくれないかと思いましたが、出ようとする気配もありません。

「踏み台を入れてやらないと出られないんじゃないかな」

小さな檻の中にコンクリートブロックを何個も入れてやりました。ブロックに乗れば柵を飛び越して広い所に出られる・・・はずでした。

ところが、クロちゃん、出たがるどころか、入れたブロックに抱きついてヨダレを垂らして交尾を始めました。

ブロックを♀ブタと思ったのか、本能なのか。

広い所に出たくないのでしょうか。せっかく広い囲いを何日もかけて作ってやったのに。

クロちゃんの足を掴んで二人で持ち上げて引っ張り出すか、とも考えましたが、我が家に来た時は子ブタだったクロちゃんも1年も経たないうちに大きくなってしまいました。50kgくらいはあるでしょうか。足を掴んで持ち上げて出すのは無理です。

そこで、小さい檻の中にトタン板を突っ込んで立てかけて坂道を作ってやりました。出たがっていたのなら自分で坂道を登って出るでしょうが、クロちゃんはブロックが気に入っていつも交尾をしています。変なの!

隙を見て足首を掴み、二人でトタン板の上に載せて、ヨイショ、ヨイショと引っ張り出し、暴れるクロちゃんはずるずると外に出されました。

これで拾い柵の中を自由に歩き回れます。方向転換するのがやっとだった牢屋のような小さな檻よりよっぽど快適だと思います。

ガジュマルや桑の木の根元で夏も日陰で涼しくゆっくりできるはず・・・でした。

ブロックがない所に出たクロちゃん、今度はガジュマルの太い枝に抱きついて交尾を始めました。気に入ったのか、昼間ほとんど一日中木の枝に交尾しています。

黒豚

ガジュマルの木の枝、どう見ても♀のブタとは似ているとは思えません。

お気に入りのガジュマルの枝、数か月後には木の皮が剥けてその枝は枯れてしまいました。

相変わらずクロちゃん、枯れた枝に毎日抱きついています。

↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを
にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
にほんブログ村

ヘビとネズミとゴキの三すくみ


最新記事がトップに来ています。最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。

半年ほど前のことです。

夜寝ようとしたとき、ベッドの近くに置いてある扇風機のガードに太いロープが載っています。

(なんでこんな所にロープが?上から落ちてきた?)

扇風機の上には何もありません。おかしいと思いながらロープをつかもうとすると、ロープはするすると滑り落ちるように移動して、動き出しました。

「え?!」

ロープが動いて本棚の後ろに逃げて行ってしまってから、それまでロープと思っていたのは実は大きなヘビだと気が付きました。

扇風機のガードの上を這っていた時に見えていたのは肌色の腹の部分で、背中のヘビらしい模様が見えなかったのでピンとこなかったのかもしれません。

ヘビは本棚の後ろに行ったかベッドの下に行ったかわかりません。

背中の模様や頭の形をよく見なかったので、毒蛇であるハブか、ハブとよく似た模様のサキシママダラかも今となってはわかりません。
サキシママダラなら毒はないし、心配はないですが、ハブだとちょっと怖い。

模様と、頭の形でハブかどうか見分けます。毒蛇はあごの両側に毒を溜めているのでエラが張って、頭の形が三角に見えます。

ハブだったらいやだなあ。と思いながら、毎日そのベッドで寝ていました。

「あんた、よくハブがいるかもしれない部屋で寝られるなあ」
と父さんの呆れられながら慣れた寝床で寝ていました。

そして半年くらい経って、ベッドのある部屋でパソコンをしていると、荷物の上を小動物が這っていくゴソゴソという音が。

ゴキブリやヤモリにしては音からして大きすぎる。もっと大きな動物。

音の方を見ると、大きなサキシママダラが這っていました。

大きくても毒はないヘビなので大丈夫。尻尾を掴んで窓を開けて外に放り投げて逃がしました。

我が家は田舎で家の周りは木や草が茂りまくりで、ネズミやカエルがたくさん。

それをエサにしているヘビもウジャウジャ棲んでいるようです。

でも、へびもネズミも夜行性ですから、夕方以降は窓もドアも締め切って開けなければヘビは入ってこないはず。

それでも閉めたはずが少し隙間が開いていることもあるので知らないうちに入って来たのでしょう。

これが以前にロープと見間違えたヘビだったのか。それならハブじゃなかったんだ。良かった。

そしてその数日後、また同じようなカサコソする音。

またサキシママダラ!

え!2匹いたのか!

同様に尻尾を掴んで外へポイッ。

そして翌日またまたサキシママダラが。

なんで?外に投げたのに戻ってきたの?壁に穴が空いてる?

そんなはずはない。半年の間に家の中のどこかに隠れていて卵を産んで孵って成長したんじゃないでしょうか。

結局1週間で5匹見つけました。それっきりヘビは見ないのでこれで終わりでしょう。

本当は、1匹くらい、毒のないヘビがいた方がいいこともあるのです。それは、ヘビがネズミを食べてくれるから。

ネズミもちょっと油断すると室内に入り込み、夜中に出てきて大事なものを齧られます。

だいぶ前にネズミを退治してから窓やドアの開け閉めには注意してからはネズミは入っていないようです。

ですが、家ネズミでもなく、ドブネズミでもない、「ジャコウネズミ」というのが室内に何匹かいるのです。

いつの間にどうやって入って来たのか、家の中で増えているみたいです。

ジャコウネズミは普通のネズミより少し小柄で細身。色も黒っぽくて鼻が尖っています。鳴き声はチュウチュウではなくチッチッと小さな声。そして体から強い臭いを発します。麝香(ジャコウ)ネズミと呼ばれるわけです。私は本物の麝香の匂いは知りませんが。

このジャコウネズミは、ふつうのネズミのようにあちこち齧るような悪さはしません。

今までネズミが家にいたときは、数回しか履いてない牛革の新しいサンダルを齧られたり、電気製品のコードを齧られたり、腹が立つことが多かったのですが、ジャコウネズミはそういうことはしませんでした。

それより、家のゴキブリを食べてくれます。

ゴキブリを見つけてハエタタキでたたいた後、つまんで捨てるのが嫌で、明日にしようとそのままにしておいたのを、ジャコウネズミが咥えて運んでいくところを見ました。走るゴキブリをジャコウネズミが追いかけて行くところも見ました。

このジャコウネズミも、ゴキブリ退治に役立つので殺したりせずにいました。ジャコウネズミが増えていくと、ゴキブリが減ってきた気がします。

それでもジャコウネズミ、増えすぎると、台所のガスレンジなどを歩き回るようになり、人間が何もしないのをいいことに、調子に乗って、まだ明るいうちにテーブルの上や調理台の鍋まで歩き回るようになります。

ヘビが居なくなってジャコウネズミが増えて、いくら何でもこれは増えすぎだ、と少しジャコウネズミを減らすことにしました。

部屋の隅にドッグフードの大袋が置いてあります。袋は大きいが、中身は袋の底の方に少しだけ。

すると、朝になると袋の底にジャコウネズミが入って出られなくなって、袋の底でぐるぐる走り回っているのです。

殺さず外に逃がすと草むらの中に走って行ってしまいました。

同じ方法で次々とジャコウネズミを追い出して、静かになりました。

ですが、今度はなんとなくゴキブリが増えたような気もします。

ゴキブリをジャコウネズミが食べて、ヘビがジャコウネズミを食べて。

三すくみは、ナメクジ→カエル→ヘビ→ナメクジ、と一周しますが、ヘビはゴキブリを怖がるはずはないですね。

強いて言えば、人間を加えて四すくみにできるでしょうか。

つまり、人間はゴキブリが嫌い、出くわすとキャアキャア言う。ゴキブリを食べるのはジャコウネズミ。ジャコウネズミをヘビが食べる。ヘビは人間に捕まって放り出されるか、武器でたたき殺される。毒のあるハブでも殺されるか、貴重なハブ酒にされてしまいます。

人間→ゴキブリ→ジャコウネズミ→ヘビ→人間、というわけです。

しかしですよ、ゴキブリを食べたジャコウネズミを食べたヘビを漬けた酒って飲みたいと思うでしょうか?

↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを
にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
にほんブログ村

父さん、旅に出る


 最新記事がトップに来ています。最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。

またまたおひさしぶりです。

6月下旬から8月上旬まで、父さん旅行で私は留守番。

一人で約40日間、ヤギ16頭とイノシシ(罠で捕まえたのを檻に入れて飼っている)の世話、ほかに家庭菜園の香辛料や野菜の苗の水やり、パパイヤやバナナの見回り、収穫、と一日中忙しかったのでした。

ブログ更新まで手が回りませんでした。

父さんは、7月末の親の法事があるので帰省したのですが、法事は1日で終わります。ついでに、(ついでが長すぎる!)長女のいる福島、次女のいる川崎、長男のいる名古屋、と渡り歩いていました。

そして、福島を拠点に宮城の鳴子、盛岡、秋田、八戸などを原付バイクで旅をしていたのです。

知り合いの家に泊まれるときは泊めてもらい、それができない時は野宿したそうです。

バイクは長女がもう使わないと言ったもので、そのまま川崎まで乗って行って次女にあげました。その後、次女は通勤に使っています。
川崎から名古屋までは長距離バス。数日して名古屋から実家のある和歌山県紀伊勝浦までもバス。

しかし、法事が終わってから、今度は実家から近い所にいる妹さんの原付バイクを借りて、また旅に出ています。

津の親戚の家を経由して、名古屋、石川、京都の舞鶴、と知人を訪ねて行きました。

そしてまた名古屋によってからバイクを妹に返し、関空から飛行機で帰宅。

すごい長旅。

電話は毎日のようにありましたが、

「今は実家にいるの?」

「うん、でも明日からオレ、旅に出るよ」

旅に出る、って寅さんじゃないっつうの!

でも、日本中を原付で回るとはたくましいと言うか・・・。

知り合いの所に泊めてもらうことが多かったですが、泊まれないときは、公園や駅前の駐輪場で野宿と言うから、何と言えばいいのでしょう。

一度は、高速道路のガード下で野宿しようとしてたら警官に職務質問されたとか。

でも、炎天下でふらふらになって農作業を一人でやってた私はたいへんでしたよー。草むらを歩くのも、ゾンビのようによたよたと、そして30分ごとに水飲み休憩。旦那の留守に羽を伸ばして遊びに行こうなんて気力はありませんでした。あと何週間、やっと2/3が過ぎた、あと何日、と日を数えて帰宅を待ちました。

ですが、父さん帰宅してもう10日以上経ちますが、仕事はあまり楽になった気がしないのですが、気のせいでしょうか?

↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを
にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
にほんブログ村
プロフィール

野生児の妻

Author:野生児の妻
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード