fc2ブログ

トイレの照明


最新記事がトップに来ています。最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。

経済的な理由から、家の照明はだいぶ前から消費電力の少ないLEDに替えています。トイレの天井の照明もLEDに替えました。

トイレの電球を替えて何年も経たないうちに少し暗くなったりまた明るくなったりチカチカするようになりました。霊の仕業か?
いや、違うでしょう。

時々チカチカしていたのが、ついに暗~くなり、そしてとうとう点かなくなりました。真っ暗!

LEDは白熱電球や蛍光灯ランプに比べて長く使えるはずじゃなかったんですか?

不良品だったかな。とにかく、昼はいいとして、夜にトイレに行くと真っ暗なので、懐中電灯を持って入ります。

電球を替えれば済むことですが。

「キャンプみたいでおもしろいな」

父さん、なんかうれしそう

「えええ!ずっと暗いトイレなのぉ?」

「電球替えるかぁ、60WのLED電球ならあるんだけどなあ・・・。」

買い置きの電球は60Wしかないそうです。狭いトイレに60Wではさぞや明るいことでしょう。

「60Wの電球付けるか?」

60Wは別の用途に取っておきたい気もしますが。白熱電球なら100円くらいで売っていますが、LED電球はもっと高いです。

「夜にトイレ行くたびに懐中電灯を持って行くのもめんどくさいわ」

「60W付けるか?このままでもいいか?」

「うーん・・・。」(本当はトイレは明るい方がいいんですが)

天井が高いので脚立を持って来るのもめんどくさいし・・・。

高さのある脚立や梯子は畑のバナナの木に立て掛けたままなので運んでくるのも一苦労。

トイレの電球が切れてからもう4日経ちます。

懐中電灯のトイレももう慣れて来ました。なんかキャンプのトイレタイムみたいです。

沖縄の昔の家はトイレが住まいとは別棟、つまり外にあるのが多かったようです。

全くの外にあるトイレに夜行くのはさぞや怖かったでしょう。

それに比べれば懐中電灯持参はまだましかなあ。台風の度に停電になって同じことをしているわけですから、珍しいことでもないですが。

無人島キャンプから始まった夫婦二人の生活なので、慌てて電球替えることもなく4日経ってしまいました。

このままだと、催促するか、誰かお客さんが来る予定が入るか、子どもたちが帰省するか、ということでもない限りトイレは暗いままな気がします。幸いにも、私は夜中にトイレに行きたくなって目が覚めることはほとんどありませんから助かってます。


↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを
にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



バナナ天国


最新記事がトップに来ています。最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。

家庭菜園と言うには少々広い畑に、毎日食べる野菜を植えています。その他に熱帯果樹もたくさん育てています。

石垣は亜熱帯なので露地で熱帯果樹がよく育ちます。その中で一番本数が多いのがバナナです。

バナナは木のように見えますが、実は草の仲間です。苗を植えて実が成るまで1年半くらいかかり、一度実を着けるとその木は終わり。もう実を着けずに枯れるだけ。代わりに根元に子株がタケノコのように芽を出して成長していきます。
1本の苗から増えていき、バナナの林のようになっていきます。

花が咲いて青い実を着けたバナナは毎日ではなくとも数日おきに監視します。木に成ったまま完熟させた島バナナは味が濃くて最高ですが、そうなる前に鳥や獣に齧られてしまうので、黄色になる直前で収穫し、室内で追熟させます。

畑のバナナは、少しでも黄色くなると、昼間はカラスなどの野鳥、夜はコウモリが来て食べてしまいます。齧られないようにバナナの房にスッポリ袋をかけて守ると木で完熟させることもできますが、熟す頃に頻繁に袋を開けて見ないとウッカリして時期を過ぎて過熟になり、袋の中で腐りかけていた、などというもったいないことも。

実がよく太ってもう少しで黄色くなるという時に収穫します。

1本の木から採れたバナナです。実がたくさんついて重いので、2,3房ずつノコギリで切って分解して部屋に吊るして熟すのを待ちます。

↓水曜日に収穫してまだ青いバナナ

水曜日のバナナ

↓2日後の金曜日の朝、少し黄色くなっています。

金曜日のバナナ

↓金曜日の夕方、ますます黄色く

金曜日夕方

↓土曜日 ほとんど全部黄色に。食べられます。

土曜日のバナナ 中

実を収穫したバナナの木は幹の下の方で切り倒します。新しく出て来た子株によく日が当たるようにです。

↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを
にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
にほんブログ村




「猛烈な」台風


最新記事がトップに来ています。最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。

しばらく台風の石垣への直撃が無く油断していました。

今回の台風14号はすごかったです。フィリピンの東海上で910hPaでした。

そのままの勢いで先島地方に近づいて来ます。910hPaなんて経験したことがありません。

一時期は905hPaにまで強くなった時もありました。

台風が接近予定の2日以上前からいつもより厳重に警戒して防風対策しました。

屋上に置いた物で階下に運べないものは重しをいつもより多くしたり、鉄の柱にロープで何重にもグルグルに縛り付けたり。

繋ぎ飼いのヤギは、暴風が吹いたとしても茂みの中に逃げ込める場所に繋ぎ直しました。ロープを外して完全に解放してやればもっと安全ですが、そういうわけにはいきません。オスヤギは自由にすると激しく角を突き合わせてケンカをしたり、メスヤギを執拗に追い回して互いの首に付けたロープが絡まってしまうからです。

完全にロープを外してしまうと今度は台風が過ぎてからロープ無しでは捕まえられなくなってしまいます。

子ヤギと一緒にいる母ヤギはケンカはしないので自由にしてやりました。

畑に移植したばかりのインゲンの苗は強風に吹き飛ばされないようにネットを掛けてやります。ポットに種を蒔いて発芽して間もないナスやキュウリやヘチマの苗は何十個もありますが室内に避難させます。ただでさえガラクタでいっぱいの家の中は足の踏み場もなくなります。

そして最後に大きなガラス戸の東側の入り口の前に防風のガードを降ろします。

ワイヤーメッシュという、目の粗い金網です。いつもは屋上の端に折りたたんで上げてあって柱に紐で縛ってあります。

ワイヤーメッシュ

暴風が予想される台風時には紐を切ってパタンと下ろすとガラス戸の防護になります。地面から1mくらいは空いているので人が通る時は下をくぐって通ります。ワイヤーメッシュの下から50cmくらいは折り返してあって、本当に猛烈な暴風直撃の時は折り返しの部分を下げれば完璧です。瞬間風速30m/sの風なんて何が飛んでくるかわかりませんから。

準備万端で覚悟していましたが、台風は石垣を外れてずっと西の与那国と台湾の間を通り、直撃は免れました。与那国の方にはお気の毒でしたが。

それでも台風は「猛烈な」というだけあって、通り過ぎて丸1日経っても相当な風でした。

風が少し治まってから見回りしましたが、実をつけてあと2週間くらいで完熟の予定だったバナナの木が何本か倒された程度の被害で済みました。台風なのに珍しく停電もありませんでした。

台風はカーブして今度は本州の方に行きそうですね。そちらも被害が無いことを願うばかりです。

↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを
にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
にほんブログ村

台風で無人島状態


最新記事がトップに来ています。最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。

台風9号、10号、11号と次々と日本に来ました。

大雨の被害があった地域もあるようでお気の毒ですが、石垣島は幸い台風が逸れて、雨だけ降ってくれて助かりました。

先月の台風6号はだいぶ強い風でした。市の広報車が前日から回って来て放送していたようです。坂の上の一軒家の我が家の前までは広報車は上がって来ないで坂の下でUターン。放送内容も風の音にかき消されて途切れ途切れにしか聞こえませんが、「充分な警戒と準備を・・・」と言っているのでしょう。

1週間くらい前から台風がこちらに向かってくるのはわかっていました。でも、直前になって回避するかもしれないからと、父さん、ギリギリまで防風対策をしようとしません。

でも台風直撃の2日前には二階に出しっぱなしだったものを二人で片付けます。

飛びそうなものはブロックの重しを載せたり、大事な物は室内に降ろしたり。何脚もある屋外用の椅子は重ねてロープで柱に縛り付けます。晴れた日はシーツやタオルケットを干すのに重宝した長い物干し竿も強風で大揺れになるので床に降ろします。階下に居て、ロープで吊るした物干し竿が風でゴゴン、ゴゴン、と音がすると不安になりますから片付けておきます。

「これで何とかなるな、防風対策はこれでいい」

でもまだ、暑いからと屋上で寝ていたので枕やタオルケット、蚊帳もも屋上に出しっぱなし。

「片づけないの?」

「まだいいよ」

「今夜もオレは2階(屋上)で寝るよ」

(え!横殴りの雨になるかも知れないのに)

風の中、父さん屋上に行って寝始めたものの、案の定、夜中に雨が降り出し、トタン屋根がありましたが強風で吹き込んで寝られなくなり、雨の中を降りて来て階下の室内で寝ることになりました。

7/23㈮ 朝すでにネット、電話が通じなくなりました。強風で電話線が切れたか外れたか、そこは覚悟の上です。これは、いつ停電になってもおかしくはない。一度停電になると、修理ができるまで時間がかかります。特に島の外れは。発電所に近い島の中心地の停電を修理して順番に島のへき地の電線の修理へと広げて行くのでしょう。

停電になる前にご飯だけ炊いておこう。炊飯器で炊けるだけ米を炊いておけば食事は何とかなるでしょう。米を研いでスイッチオン。沸騰まで行かないうちに突然停電!

「あららら、どうしよう、御飯まだ炊き始めたばかりなのに」

このままにしておくわけにはいきません。炊いている途中の米と沸騰前のお湯と一緒に厚手の鍋にそのまま移し替えて、鍋で炊飯の続き。ガス台に載せて。始めは中火、沸騰したら火を弱め、グツグツの音がピシピシに変わったらさらに弱火にして焦げる臭いのする前に火を止める。少しおこげができた方がおいしいと言う人もありますが、後で鍋を洗うのが楽な方を選び、焦げる直前で止めます。

15分くらい蒸らして出来上がり。ご飯は何とかなりました。おかずは、台風でもみくちゃになる前に収穫したバジルの葉っぱと冷凍の肉を使って「パッ・バイ・ガパオ」というタイ料理、(日本ではガパオライスと言うらしいですね)を昨日のうちに作って置きました。

夕方、暗くなる前に畑や放牧ヤギの見回りを終えて、着替えて終わり。

ろうそくの灯、ヘッドライトの灯りで夕飯済ませると、停電の夜はすることがありません。
テレビは観られない、パソコンも使えず、台風情報も知ることができない。スマホは使えますが、充電できないので節約して使わないと。こういう時のために、モバイルバッテリーをAmazonで1週間以上前に注文しましたがまだ届きません。離島だから配送に日数がかかりますが、さらにリチウム電池の内蔵の商品は航空便ではなく船便になるそうで。

那覇経由の船はすでに今週欠航になっています。

楽しみにしていたオリンピック開会式も観られません。つまんないの。

電池式の携帯ラジオが頼り。ラジオ聞きながら、扇風機は使えないので、団扇で扇ぎながらほんの少し窓を開けて風を入れます。たくさん開けると風が強すぎます。

石垣に出されていた暴風警報も解除されましたが、まだ風は強いです。夜明け前に目が覚めて窓の外を見ると、200m先の学校の前の街灯が点いています!さらに他の家の窓にも灯りが点いているのが見えます。

「あれえ、停電はうちだけだあ!」

朝になって電力会社に電話してその日のうちに電線の修理に来てくれました。坂の下の電柱から丘の上の我が家まで電柱が7本。風通しが良すぎて、同じ村の中でも低い土地では強風が、うちでは暴風になってしまいます。

後は、電話線。電話会社に連絡すると、

「混み合っているので、順番に修理に伺います。長くても2~3週間以内には行きます」

「3週間!!」

それまでパソコンでネットが使えません。スマホは充電できるようになったけど、Wi-Fiが使えないからスマホのGBが消費されて料金に関係してくるなあ。LINEもメールも控えよう。

電話線の修理は意外と早く1週間後に来てくれました。

さらに、モバイルバッテリーが届いたのは2週間後でした。

畑では風に弱いバナナの木が相当やられました。台風後のバナナ

実をつけてもうすぐ完熟というバナナも倒れてしまったので仕方なくバナナの実を回収。室内に吊るして熟した順に毎日食べています。バナナ天国、というか、毎食、食前食後に食べるバナナに追われてバナナ地獄か。

部屋のバナナ


↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを
にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
にほんブログ村

収穫も洗濯も予約制


最新記事がトップに来ています。最初から読まれる方はここ「キャンプへGOその1」からどうぞ。

梅雨に入ったはずなのに、石垣はずーっと雨が降りません。本州の方が梅雨入りしたので沖縄は梅雨明け宣言してもいいくらいです。

糖尿病の父さん、運動のためと、空いている土地を耕して2年前から本格的に家庭菜園に精を出しています。土地は石ころだらけであまりいい土ではないですが、ご近所で牛を飼っている農家から堆肥をもらって来て、野菜を作っています。畑の面積が広がるにしたがって、水をやるのが大変になってきます。

長いホースを引いて来て水道で水をやることも不可能ではないですが、水道代がかかります。

雨が降った時に屋根から落ちる水を溜めたドラム缶や発泡スチロースの箱も、晴天が続くと底が見えてきます。

そこで、父さんが利用しようと考えたのが浄化槽からの水。

台所、浴室、トイレからの排水は外の浄化槽タンクに集められ、溢れた上澄みの水がパイプを通って低くなっている畑の隅に流れ落ちるようにしてあります。上澄みなので無色透明の水で臭いもありません。この水をただ空き地に流すだけでなく利用しようというのです。

洗濯、皿洗い、シャワー、など毎日大量に水を使うので、浄化槽からの溢れ水も畑に使えば無駄がない、というわけです。

浄化槽からの排水パイプの下に、高さ半分に切ったドラム缶を置いて水を受けます。ここから水を汲んでじょうろで作物に水をやります。
それでも、カラカラに乾いた畑の土は水を吸い込み、家庭菜園と言うには広すぎる畑に全部水撒きすると、ドラム缶の水は空になってしまいます。

家庭で水を多く使うのは、夕飯作り、夜のシャワー、脱いだ服を洗濯する時・・・つまり夜が多いです。

朝になるとドラム缶の水は満水、でも、水やりが終わらないうちにドラム缶は空っぽ。このころに洗濯をすればまた浄化槽の上澄みの水が入ってきてまた水撒きができます。

ちょっと洗濯時間が水撒き時間とずれると、必要以上にドラム缶から水があふれてしまいます。

洗濯機を動かすにも、水撒きの時間に合わせてしないといけないのです。今から洗濯してもいいですか?と予約が必要です。

100ℓくらいのドラム缶では容量が小さすぎる、と水を溜めるのにもっと大きな入れ物を使うことにしました。外に出して使っていなかったバスタブです。南国の石垣ではお湯を溜めて浸かって温まりたいと思うのは年に何回もありません。浴室にバスタブがなくてもそんなに困りません。

ドラム缶があった所を父さん、がんばってバスタブが置けるくらいの深い穴を2日かけて掘りました。

そこへ家の前に置いてあったバスタブを二人で畑まで運んで据えました。

これでドラム缶の2倍近く水を溜めることができます。

バスタブ

上から落ちてくる落ち葉などのゴミが入らないようにいつもはふたをします。

この水、きれいに見えますが、所詮は排水からのもの。
特にトイレからの排水も入っています。地面に撒きますが、トマトやナスなどはいいとしても葉野菜の場合、食べる部分にも水が掛かってしまいます。

葉野菜は雨水だけ、他は浄化槽からの水、とばかりもやっていられません。
ニラやネギなど料理に使う時は事前に申告しておけば、そこだけ雨水を掛けるようにしてくれます。

野菜の収穫も予約が必要です。

昔は浄化槽などもなく、汲み取り式のトイレで農家の人が汲み取って畑に運んで肥料として使っていたのですから、野菜もよーく洗えばいいわけですが。

やっぱり、浄化槽からの水が掛かったばかりの野菜をすぐ収穫するのもちょっと・・・。

というわけで、今日はネギを収穫させてください、とこれも予約が必要です。

洗濯と家庭菜園の収穫は事前申告することになりました。買い物に行かなくて便利なようで不便なようで。

↓毎回クリックありがとうございます
↓みなさまのクリックで順位が上がります
↓1日1回のクリックを
にほんブログ村 小説ブログ コメディー小説へ
にほんブログ村
プロフィール

野生児の妻

Author:野生児の妻
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード